忍者ブログ
HOME > POGの記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2019.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2019.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、早く冬が来ないかなあと思っているチョルモンです。

終わったばっかじゃねーか!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

だって暑くて仕方ないんだもん。
このままでは今月中に上着を着てられなくなるのは確実、
そしたら…ポケットが足りなくなるじゃないですかああああああ!
しらねーよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


というわけで、せめて秋が早く来ないかなと思ってるチョルモンです。
大して変わんねーよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!



と、いつまでやってるんだって話ですね。
そんなわけで本題。

来シーズンに向けて他チームの傾向とかちょっと調査しようかな〜と思ったんですが、
ただ眺めるだけでは面白くないのでちょっとデータを取ってみました。
上手くいけば馬券検討の役にも立つかな〜なんて、思ったり思わなかったり…(^^ゞ

というわけで→コチラ

人気と単勝回収率の相関図→コチラ


複勝回収率は作業があまりにめんどくさいので泣く泣く断念しました(笑)

あと藤沢さんとやってることが若干被ってるのはただの偶然です(笑)
計算ミスとかで合わない部分があるかもしれませんが、参考までにってことでご容赦を。


以下、適当に分析。
敬称略です。ご了承くださいm(_ _)m

あと順番適当です。




aji-sand厩舎

人気、実力ともに常にトップを走るわくわくドキドキPOGきっての実力派。
平均人気、平均着順ともにトップクラス、今期は例年より少し数字が下がっていますが、
これで下がったというのがまたすごいところ…なぜ昨年まで重賞を勝っていなかったのか…。
指名は恐らく最もスタンダードな部類だと思いますが、だからこそ安定して強いのだと。
自分の指名の方向性はまだ決まっていませんが、今年と同じ方針で行くとまた大被りしそう(笑)
単勝回収率は100%を超え、複勝圏にも高確率で入る、何においても外せない厩舎。


ぶぅ厩舎

こちらもまた毎年上位争いをしている実力派厩舎。
今年もまたヴィクトワールピサを擁し、優勝争いに加わっております。
金子馬のファンとのことで、指名馬のほとんどはまばゆいばかりの良血馬。
安定感ではaji-sandさんに一歩譲りますが、破壊力ではコチラの方が上かもしれません。
自分とも指名の傾向が被っているので注意は怠れませんね(笑)
回収率は80%超えで馬券的期待も十分。穴馬はあまり来ない印象ですが…。


チョルモン厩舎

自分を分析するというのも妙な気分ですが(笑)人気、着順の平均は上2厩舎に続く3番目。
ただ、上2厩舎と比べるといささか当たり外れが大きい傾向があり、
全くの戦力外も毎年数頭指名してます。自分としてはそれほど良血に偏ってるとは
思っていないんですが、全体的に見るとやっぱり良血寄りってことになるんですかね。
単勝回収率は90パー超え、来ない馬は来ないので結構狙いは絞れるので買いやすいかも?


もんぺ厩舎

指名馬全てがキャロットという、生粋の人参屋(爆)
1年目と今年は人気平均が全体で1位ながら、昨年度は平均ピッタリと波が激しいですね。
全てがキャロットということで、クラブのその年の出来に左右されるのかもしれません。
とは言え、基本的には人気サイドの厩舎だと思いますね。単勝回収率も平均あたりとまずまず。
今年は出走数が少ないですが、今後巻き返しが見られるのではないでしょうか。


よしお厩舎

みんなの人気者、よしお厩舎。言わずと知れたあどまい屋さんであります。
しかし、指名が偏ってる割にはもんぺさんのような数字的特徴はありません。
人気、着順ともに平均付近で、ブエナビスタを擁した昨シーズンも平均的な数字に帰結。
低迷しているイメージのアドマイヤ軍団ですが、これまでが派手だったせいで
あまり目立たないだけで、実は平均ぐらいには走っているのかもしれませんね(笑)
馬券的には浮き沈みが激しくてちょっと狙いにくい印象。


藤沢雄二厩舎

わくわくドキドキPOG参加者の中でも一、二を争う競馬知識をお持ちの藤沢厩舎。
全ての指名馬にそれぞれテーマを持たせており、厩舎や血統に偏りは見られず、
非常にバラエティに富んだ指名となっています。が、数字的に見ると毎年驚くほど平均的。
もっとも、この面子にあっては全てが平均的というのは非常に特徴的なのですが(笑)
単勝回収率も今年若干好調も、3年トータルではやはり平均値に近い数字。


お宝厩舎

常にそこそこの人気に推されながら微妙に勝ちきれないイメージがあるお宝厩舎。
確実に上位争いをするので仲間内の対戦でも先着率上位をキープしていますが、
それほど活躍しているというイメージがないのは…。平均人気、着順ともに安定して
高いですが、単の回収率は低迷というのはこのイメージを表しているのかも。
単回収率は低いながら、好走率は高いので、3連複などを買う時は注目したいです。


ハートビート厩舎

反SSを旗頭に掲げるハートビート厩舎。
となるとマイナー血統であまり人気にならないというイメージですが、
そんなイメージとは裏腹に、人気平均でトップ5に入る隠れ人気厩舎(笑)
自分は割りとSS系に寄ってる感じなのであまりぶつからないとは思いますが、
非SS系の良血馬を指名する時などはぶつかることを考慮しなければならないでしょう。
人気に対して着順平均とは差が大きく、やはりSS系と比べると
安定感という意味では劣るのかなと思うのですが…どうなんでしょう。


キャスパー厩舎

個人的に昨年人気馬を揃えてトップ争いをしたイメージが強く、人気厩舎だと
思ってましたが、データを見てびっくり。どこからどう見ても穴厩舎ですね(笑)
穴馬券をよく当てられるご本人に似たのか、指名馬も度々穴を開け、
トータルでの単回収率は脅威の150パー超え(爆)今年はまだこれといって
大きな馬券にはなっていませんが、それだけにそろそろ激走が見られるかも(笑)


temporalis厩舎

先日ブログの無期限休止を発表されたtemporalis厩舎。
ブログはダメでも、来年度のPOGだけでも参加して頂けないかな〜と思ってる次第です。
そのマイナー血統への熱いこだわりは他の者の追随を許さぬ独自の世界を構築(爆)
平均人気や平均着順は…語るのはやめておきます(笑)
とまあ、よくよしおさんのネタにされていたtemporalis厩舎ですが、
こと馬券に関しては意外や意外、非常に買える要素の多い厩舎だったりします。
血統のマイナーさから新馬戦で人気になることはほとんどないですし、好走しても
フロック視されることが多く、馬券に絡んでも人気据え置きなんてこともしばしば。
トータル回収率でも100パー超えで毎年安定した数字を叩き出しています。
これを見てピンと来たあなた、temporalisさんを応援する意味も込めて毎日杯で
コスモヘレノスを買われてはいかが?(笑)意外と来ると思うんですけどね〜。


ナルトーン厩舎

珍名マニアとしてその名を轟かせるナルトーン厩舎(爆)
属性としては完全にtemporalis厩舎と被りますね。
さすがマニアック王の座をかけて互いにしのぎを削っただけのことはあります(笑)
いつ大きな穴を開けるか分からないですが、当たればデカイのでロマンを求める人はぜひ。


ゆうまりん厩舎

昨年度、そして今年度と2年続けてスタートダッシュを決めたゆうまりん厩舎。
キングヘイローのファンとのことですが、そういった自分の色を指名に反映させつつ、
POG向きの指名をしているというイメージがあります。初年度は初出走まで時間がかかり、
低迷してしまったようですが、その時のことがここ2年に反映されているのでしょうか。
ところが、人気平均や着順平均は初年度から今年度までほぼ平均的で変わりなし。
早めを意識しつつも血統的に重視するところは変わっていないということですかね。


花道厩舎

temporalisさんとグラス同盟を結んでおられる花道厩舎。
とは言え、指名馬はマイナー寄りではあるもののtemporalisさんほどは突き抜けてません(笑)
血統のマイナーさからどちらかと言うと不人気サイドですが、昨年度はセイウンワンダーの
活躍もあって人気着順とも平均レベルをキープ。今年は若干数字を下げてますが…。


けん♂厩舎


メジャーな血統でマイナーを極めるという離れ業で「巨匠」とまで呼ばれるけん♂厩舎。
初年度は人気的には平均的、そして巨匠と呼ばれるきっかけとなった昨年度、
そしてユニクロを着こなしてメジャーチェンジを図った今年度と、
人気は大きく動いてますが…着順的にはほとんど変化していないのは一体…。
今年度は少なくとも人気は平均前後ありますし、数字的にはもっと上を目指せるはずですが…。


けい♀厩舎

種牡馬へのこだわりを見せるけい♀厩舎。
初年度はあっと驚くフレンチ&黒鷹固めで、かのtemporalisさんをも超える
こだわりを発揮されました。今年は一転してクロフネやミスプロ系を中心にメジャー血統へ。
人気の平均が昨年度より上がっているのは良血馬が増えたことによるものだと
思いますが、それに対して着順平均が下がっているというのは一体…。


熟を厩舎

我らが幹事、熟を厩舎。いつもお世話になっておりますm(_ _)m
年によって人気だったり不人気だったり、数字の動きが大きいですね。
特徴的な数字の人が多いわくドキPOGにおいてはちょっと珍しいタイプかもしれません。



とまあ、こんな感じで好き勝手書いちゃいました。
お気を悪くされた方が居られましたら申し訳ないですm(_ _)m

数字を改めて見てもそれぞれキャラが立ってるのが分かりますね〜。
フツーのPOGだったらこんな風に似たような数字が何年も並ぶなんてあり得ない(笑)

あと、目に付いたのが全体の単勝回収率ですね。
あんだけ趣味も嗜好もバラバラなのに、全体で見れば結局平均値。
数字ってほんと良く出来てるんですね(笑)



拍手[0回]

PR
寿司パックの貝ネタはひとパックあたり1つまでに制限するべきだと思うんだ。

いきなりなんじゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

いやね、いっつも寿司が食べたくなったときは近所のスーパーが
夜9時以降半額になるのでそれを買っててとても重宝してたのですが、
これまで1つしか入ってなかった貝のネタが2つに増えちゃいましてね…。
今まで10コ中1コだけだったので、(金銭的に)勿体ないと思いながらも仕方なく
捨てていたんですが…あ、ネタに接触してなかった部分のシャリは食べますが。
さすがに10コのうち2つ捨てるとなると買う気も失せてくるんですよねえ。

つーかむしろサビ抜きならぬ貝抜きパックとか作ってくれませんかね。
ぶっちゃけ貝が入ってなくてがっかりする人なんてそんなにいないし(暴言)
貝食えん奴の方が少ないだろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
それにネタが乗ってないシャリだけでも貝が乗ってるのの万倍マシですし(マテ
そーだ、もう貝自体食べ物のカテゴリーから外しちゃえばいいんじゃないですか?
いい加減にせいやゴルァ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
まあ、自分の中ではとっくに食べ物のカテゴリーから逸脱してるんですが…(;^_^A



※えと、自分貝アレルギーなので貝食べると必ず吐きます。
好き嫌いで捨ててるんじゃありませんので、念のため。いや、嫌いなんですけど(笑)







てなわけで、久しぶりの相性表の更新でございます。


わくわくドキドキPOG相性表2009−2010

総合成績表



…aji-sandさんマジぱねぇっす(笑)
勝ち星量産はもちろんですが、それよりなによりとにかく負けないですからね〜。
追っかける面々も勝率をキープするぐらいには先着してるんですが、
とても追いつくまでには…きさらぎ賞の出走頭数が少なかったのがまだ救いでしょうか。
まだ逆転圏内だとは思いますが、対戦数が増えて率の動きが鈍いので、
毎日杯の結果次第では白旗揚げざるを得ないですねえ。
あとはどこかで大コケしてくれるのを期待するしか…。

えー、最多勝争いはとりあえず自分がトップですね。
対戦数もトップかなーと思ったら熟をさんに負けていました(笑)
クラシックで対戦が増えれば逆転できるかな?ってとこですかね。
勝率は無理っぽいので2年連続最多先着は取りたいところです。

熟をさんVS藤沢雄二さんの対戦は順調に数を増やし、現在15戦。
既に昨年までの最多対戦数13を超え、あとはどこまで増えるか注目されますが、
何気に自分とゆうまりんさんもここまで14戦してるんですね。
路線が被る馬も多いですし、もしかしたらこっちが記録になる可能性も…。





先週のPOG


オースミアザレア

初ダートもあえなく沈み12着…だった気がする(オイ
やっぱり芝でこそですかねー。次は何とか前進を。


ヴィクトリーマーチ

ジョッキーはモタれたと言ってましたが、それにしても
前1頭で前詰まりというのはなかなかできないことでは(笑)
もうちょいやり様はあったと思いますが…まあ仕方ないですね。
3着馬を見てもまともならもう少しやれたと思いますが、現状では桜に行っても
勝負にならないと思うので、自己条件からオークストライアルに行ってくれるなら
個人的にはありがたいのでこの結果も悪くは…なんて思ったり思わなかったり。


アーリーデイズ

自己条件に出走も大外枠をあてがわれた時点で終わりましたね。
それでも伸びずバテずで掲示板確保ですからやはりこの距離なら安定してます。


ダイワファルコン

能力には手応えがあったので、弥生賞3着には全然驚きませんでした。
ヴィクトワールピサは別格にしても、他の二桁オッズの馬には負けないだろうと。
皐月の権利を取って堂々クラシック戦線に乗り込むことになりますが、
こうなってくると前走のハナ差負けが地味に痛いですね〜。
皐月4着以内に入れなかったらただの1勝馬になってしまいますからね。
とはいえ、本番でも3着くらいに突っ込んできそうな気がするんですが、
さて、昨年のトライアンフマーチの再現なるか。



拍手[0回]

今日で2009年も終わりですね〜。
色々あったような、でも何もなかったような…気がついたら年末のような…。
って、毎年同じこと言ってるんですけど(笑)ホント、月日が経つのはあっという間ですね。

というわけで、適当に2009年というものを振り返ってみますか。



まず今年の始めに立てた目標について。

どれも達成できませんでしたー!いじょっ!はい次ー。
待てい!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

いやだって、競馬場行ってないし、万馬券当てるどころか馬券自体あまり買ってないし、
車運転するようになってますますチャリンコの出番が減っちゃったし…。
来年はもうちょっと実現できそうな適当な目標を立てることにしましょうかね…(マテ



次、競馬で印象に残った出来事。

1位〜3位 該当なし

というわけで次〜。
だから待てい!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!  

ユタカのリーディング陥落とか、ダスカやプスカの引退とか?
でもそこまで印象深いわけでもないですし…(-ω-;)ウーン
応援している馬や騎手がみな不振だったこともあって、これといったものはないですね。
来年スマートギアがG?勝っちゃったりしたら大騒ぎするでしょうけど(笑)



というか、競馬に限らず、自分の身辺や他の趣味に範囲を広げても
びっくりするほど印象に残ったものがないというのはどうしたことか…。

世間ではやっぱ政権交代がダントツのトップニュースなんでしょうけど、
個人的には政治に興味が…ないこともないけど冷めてると言うか、
ぶっちゃけ今さらどこが舵握ろうが難破船日本号の沈没は止められないと思うので。
印象に残ってないと言うか、どうでもいいというのが本音でしょうか。

ドラゴンズもWBCの件で完全に悪役になってしまいましたし、
シーズンは尻すぼみで終わり、おまけに立浪さんが引退してしまうという…(T_T)

ありがちな締め方にするなら、印象に残ったものが何もなかったということが印象に…(笑)

というわけで、何も振り返ってませんが今年の回顧はこれにて終了(爆)
来年はもっとまともな感想を抱けるような年にしたいですねえ…。





最後に、今年最後の相性表更新です。

わくわくドキドキPOG相性表2009−2010

総合成績表


aji-sandさん予想外の不振とぶぅさんの躍進が目立ちますね。
1頭強い馬がいれば他の馬の借金もその1頭で全て賄えるわけで、
今後もぶぅさんの勢いがガクンと落ちることはなさそうですね〜。

なんだか上から下まで眺めるとどうにも見慣れない配置で違和感が(笑)
特に注目すべきは何と言っても現在6位のあの方でしょう!(爆)
上位ともそれほど離れていませんし、更なる躍進があるかも!?




それにしても、文章はメチャクチャだし、中身はないし、
今年最後の記事がこれというのは我ながらどうなのかと…(汗)
書きたいことは他にもあったはずなのに、どうにもまとめきることができず。
最初から最後まで締まらない年になってしまったなあと反省しきりです。
ま、年も変わることですし、明日から気分入れ替えて行きましょうかね。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。


拍手[0回]

どうも、生まれて初めてインフルエンザにかかりグロッキーなチョルモンです。
(-ω-;)ウーン熱にはそれなりに強い方だと思っていたんですけどねえ。
39度くらいまでは動けたんですが、さすがに40度を超えるときつくなってきますね(笑)

というわけで、仕方がないので積みゲーや積みアニメを崩してます(笑)
寝てろっつーの!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
噂のエンドレスエイトとやらも見てみました。…うん、こりゃ叩かれても仕方ないわ(笑)
まとめて見る分にはまだマシですが、さすがに5週くらいでダレてきますし、
これを毎週楽しみに、しかも夜中に眠いの我慢して見てたらキレるかもしれませんね。
つーか、3期に向けて話をストックしてるのが見え見えでちょっと萎えますなあ。
原作者がさっさと新作を出してくれればそんな問題も起きなかったのかもしれませんが。



あと、相性表更新しておきました↓

わくわくドキドキPOG相性2009−2010

総合成績表


今回からデータも集まったので先着率等々表に反映させています。

傾向としては、昨年度と比べるととにかく団子状態というイメージですね。
まあ、まだ対戦数が少ないチームが多いというのもありますが、
今のところ昨年のSさんやTさんのよう?やられ役?(失礼)がいません。
まだまだどのチームも巻き返し、あるいは滑り落ちる可能性はあるでしょうね。

ただ、やはり別格なのがaji-sandさんで、昨年度と同じくらいの率を誇っています。
OPでも未勝利戦でも出てくる馬全てが好走しているイメージがありますが、
対戦成績を見るとそれもあながち間違いではないのかもしれませんね。
メンツを見ると今後も数字をキープしていく可能性はかなり高そうで、
先着率に関してはすでに焦点は2着争いに絞られちゃったかもしれません(笑)

で、目につくのがお二人の間でも話題になっていましたが、藤沢さんと
熟をさんの対戦回数。すでに12回と異例の超ハイペースで回数を積み重ねています。
今までの最多が07-08年度のぶぅさん対藤沢さん、昨年度のチョルモン対花道さん
のそれぞれ13回ですから、記録更新はまず間違いなく、どこまで行くかが焦点になりそう。


個人的にはまずまずの数字はキープしているもののとにかくリズムが悪い印象。
先着数もラナキュとグレナが2レースで半分稼いでいるような状態ですからねえ。
未勝利戦で黒星が多いですし、このまま5割あたりをうろうろしそうな悪寒。
あとあるとしたら最多対戦ですかね。対戦数だけは多いだけにこのペースでいけば。


拍手[0回]

というわけで、今年度のリストを後出しにならないうちに晒してみます。
すでに十分後出しだ!という突っ込みは却下であります(笑)

一応今回の指名方針について書きますと、まず思い入れ指名は排除。
早めデビューを意識して、速攻型5頭、夏デビュー3頭、秋デビュー7頭をイメージ。
あまりにベタな良血評判馬は即回避(笑)例:シャガール トゥザグローリーなど
これは特に意味があるわけではありません。単に自分の性格の問題なので(笑)
種牡馬はSS系を中心に、スペシャル≧タキオン>フジキセキ>その他
外国産馬を1頭以上指名する(必ず獲ることを課しているわけではない)
なるべく牡馬優先も、牝馬も最低5頭以上は獲得できるようにする。
言うまでもなく関東より関西重視。馬房のやりくりが大変そうな人気厩舎は回避。


で、まずこれが最終的に提出したリスト。打消し線は競合により獲得ならず。

1位 ダノンパッション   アグネスタキオン×スターズインハーアイズ
2位 グランクロワ     スペシャルウィーク×マルバイユ
3位 ラナンキュラス    スペシャルウィーク×ファレノプシス
4位 セイクリッドセブン  フジキセキ×グレースランド
5位 アドマイヤジャガー  ネオユニヴァース×レジェンドトレイル
6位 ツルマルジュピター  マンハッタンカフェ×オマイタ
7位 シンメイフジ      フジキセキ×レディミューズ
8位 スクーデリアピサ  クロフネ×フサイチエアデール 
9位 ルクールダンジェ  アグネスタキオン×パーフェクトワールド
10位 コルドバ       シンボリクリスエス×マックスキャンドゥ
11位 オースミアザレア  スペシャルウィーク×オースミハルカ
12位 シャルルヴォア   スペシャルウィーク×フリーヴァケイション
13位 ゴーンハリウッド  ジャングルポケット×ハリウッドレビュー
14位 ヴィクトリーマーチ  アグネスタキオン×ヴィクトリークライ
15位 ポケットキャンディ  ジャングルポケット×サザンフェアリー
16位 サダムシンプウ   ネオユニヴァース×ウメノダンサー
17位 ブレイクチャンス   ファルブラヴ×コートアウト
18位 ロードオブザリング  ホワイトマズル×レディフューチャー
19位 ヤマカツハクリュウ  クロフネ×ヤマカツリリー
20位 アーリーデイズ    Leroidesanimaux×Java Drums


獲得できなかった馬も既出走馬はスクピサ以外はポイント獲得してますし、
指名としてはまずまずいいところをつくことができたのではないかと。

7頭競合で消えた結果、リストでは15頭に足りずに以下の2頭を追加指名。

追加1 ダイワファルコン  ジャングルポケット×ダイワルージュ
追加2 グレナディーン   スペシャルウィーク×タックスヘイブン

ダイワファルコンはよっぽど指名しようかとも思った馬でしたが、
上位に入れるところがなく、下位では絶対取れないと思い泣く泣く切った馬。

他に追加候補に挙げたのが以下の数頭。

リルダヴァル      アグネスタキオン×ヴェイルオブアヴァロン
ラフェクレール     スペシャルウィーク×アドマイヤマカディ
エクセルサス      スペシャルウィーク×ラタフィア
アギュエラ       スペシャルウィーク×ルカダンス
レーヴドリアン     スペシャルウィーク×レーヴドスカー
グリーンウィズダム  フジキセキ×シーキングマイラブ
マルティニーク     アグネスタキオン×カリブレディ
サトノサウザー     ネオユニヴァース×マリスター?


ここでリストアップされるだけあって、どの馬も最後の最後まで
本ドラフトで指名するか検討を重ねられた馬ばかり。
特にエクセルサスは去年ラターシュを取っていただけに触手が動きましたが、
何となく晩成のような気がして…。マベサン→スペを考えたら行っても良かったかな?
その他ではレーヴドリアンは一時は1位の所に置かれていたこともあった馬。
が、馬体を見て繋ぎが立ち気味なのと、遅くなりそうということで回避しました。

ちなみに最終的にダノパを1位指名しましたが、それまで以下のような道を辿りました。
アーデルハイト→ジャポニズム→スクーデリアピサ→レーヴドリアン→
ヴェラブランカ→ダノンパッション 人気馬ばかりですが…1位指名くらいは…ね?
デルハイは怪我などにより調整が遅れているということで早々に回避を決定。
表向きは指名する気があるかのように装ってましたが(笑)
ジャポはネットで一時期出回った妙な写真を見て危険な香りがしたので回避。
それでも2位以降で指名しようかとも思いましたが、他との兼ね合いもあり指名せず。
スクピサは…何でしたっけ?クロフネが嫌だったのかなあ…。
ダメ元で下位指名しましたが当然のことながら上位で指名され獲得ならず。
ドリアンは前述の通りで、ヴェラはにんじん屋さんとの衝突回避で。

グレナディーンを選んだのは、まずスペシャル産駒だということ、
そして上が万遍なく、早期に活躍しているということ、そしてPOG的には
最も信頼度の高い橋口厩舎であることが決め手になりました。

指名しなかった中で気になるのはやっぱりリルダヴァルですが、
ダノパを1位で取った手前、似たような血統馬を2頭取るのはどうかと思いまして(笑)


以下その他のリストアップ馬
 
ミッキーバラード  フサイチペガサス×セイントリースカウト
メテオロロジスト  ゴールデンミシル×バイユーストーム

サルヴェレジーナ    アグネスタキオン×アドマイヤハッピー
クリスマスキャロル   アグネスタキオン×クリスマスツリー
マシュケナーダ     アグネスタキオン×ケイウーマン
シアトルムーン      アグネスタキオン×シアトルサンセット
カドデュソレイユ     アグネスタキオン×スーヴェニアギフト
ナショナルフラワー    アグネスタキオン×ナショナルフラッグ
ニシノオフェンス     アグネスタキオン×ニシノフラワー
ディープデザイア     アグネスタキオン×ダンジグウィズウルブズ
ザタイキ          アグネスタキオン×フローラルレディ
アドマイヤプリンス    アグネスタキオン×プロモーション
ラプリマステラ      アグネスタキオン×ラプーマ
レッドステラーノ     アグネスタキオン×ロンドンブリッジ

ほとんど人気所ですが、ラプリマやドステやサルヴェあたりは一次選考落ち。
理由はベタすぎるから(爆)あとはアドマイヤプリンスも…理由は言わずもがなですね。
タキオンで最後まで迷ったのがディープデザイア、シアトルムーン、クリスマスキャロル。
特にデザイアはここんとこの調教の凄まじさからめっちゃ後悔しているんですが…。
最終選考までは残してたんですが、最後母父ダンジグが気になって切っちゃいました。

アドマイヤテンクウ    キングカメハメハ×エルダンジュ
アパパネ           キングカメハメハ×ソルディビッド
ルアーズストリート    キングカメハメハ×フィラストリート

テンクウはアドマイヤだし、アパパネは関東だし、ルアーズストリートは情報ないし。
それ以前にキンカメは今年の惨状から様子見と決めてましたので。チェックだけ。

テイラーバートン      ジャングルポケット×ブリリアントカット
フィールドペガサス     シンボリクリスエス×シンコウエンジェル

テイラーバートンは角居厩舎が気になったんですよね〜。馬房のやりくりが…。
フィールドペガサスは昨年度ダノンカモンをすんでのところで逃した苦い思い出が…。
が!そこはそれ。ボリクリは基本的に信用してないんで結局回避。

イザベルドスメーン    スペシャルウィーク×エリザベスローズ
スペースアーク      スペシャルウィーク×サミットヴィル
グリューネワルト      スペシャルウィーク×シェーンクライト
ライツェント         スペシャルウィーク×ソニンク
ティルス           スペシャルウィーク×タイキダイヤ
リュウシンクイーン    スペシャルウィーク×ファイナルキス
モズ             スペシャルウィーク×ベストブート
ナリタディライト      スペシャルウィーク×ロングディライト

改めて見ても、さすがに今年のスペ産は充実していますね〜。
上の方でほとんど名前を挙げたと思っていましたが、まだこんなにいました。
この中で結果を残しているのはモズですが…これは珍名好きの方が
指名すると思ったので(実際指名獲得されました)ぶつかるのを避けました。

ダノンシュナップス    デュランダル×ミスベルベール

昨年の反省もあって新種牡馬は取らないつもりでしたが、この馬は結構悩みました。
関西の厩舎だったら指名したかもしれませんが、関東ということで結局指名せず。

ルナーコロナ       ネオユニヴァース×オリーブクラウン
インペリアルマーチ   ネオユニヴァース×キョウエイマーチ
トーセンファントム    ネオユニヴァース×バースデイローズ
マカリオス        ネオユニヴァース×ハッピーリクエスト
スーブルソー       ネオユニヴァース×フレンチバレリーナ
ヴィクトワールピサ    ネオユニヴァース×ホワイトウォーターアフェア

ネオは昨年度の活躍もあって人気になりそうだったので、逆に軽視してました。
それでも結局2頭取っちゃってるんですけどね。昨年プルシアンオリーブを持ってたので、
ルナーコロナは結構悩みました。後はトーセンファントムですかねえ。
血統馬体その他問題なしでしたが、トーセンというのが引っかかって結局見送り。
ダノン1位だけどそっちはいいのかよという突っ込みは受け付けません(笑)

イオス             バゴ×チューニー

バゴが気になった。それだけ。

グロッタアズーラ      フジキセキ×サダムブルーアイズ
ベストブルーム       フジキセキ×タヤスブルーム
スカイフォレスト       フジキセキ×テイクミーハイヤー
ムーンライトソード      フジキセキ×ムーンライトダンサー

アマファソン         フレンチデピュティ×アドマイヤセラヴィ
フレイムヴェイン       フレンチデピュティ×スカイクレイバー

スマートジェネシス     マンハッタンカフェ×フロムファースト

アグネスティンクル    Giant's Causeway×Morning Devotion
ビジュアルショック     Kingmambo×Reach for the Moon


他にも何頭かリストに挙げましたが、ひとまずこれだけ。
最終的な結果が出ないと何とも言えませんが、ピックアップした中からは
まずまずの確率で活躍馬を抜き出すことができたと言えるのではないでしょうか。
ただ、リルダヴァルやトーセンファントムを指名しなかった理由を見ても、
余計な先入観に囚われているところがあるので、その辺柔軟に対応したいですね。
でもただでさえドラフトでのぶつかり合いが凄かったのに、この2頭まで指名してたら
どんなことになっちゃってたのか…。見たいような、見たくないような…(笑)
今年は早め意識ということで、秋デビュー予想の馬も中距離ヒッターを揃えた
つもりですが、来年度はもうちょっと博打に出てもいいかもしれませんね。
大鑑巨砲主義を唱えるつもりは毛頭ありませんが、ベタ血統2頭くらいなら…。



拍手[0回]

[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
33
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2017-2018
0-0-0-0 0P
センテリュオ
0-0-0-0 0P
ダノンマジェスティ
0-0-0-0 0P
シンハラージャ
0-0-0-0 0P
フォックスクリーク
0-0-0-0 0P
タンタフエルサ
0-0-0-0 0P
ラヴアンドバブルズの2015
0-0-0-0 0P
ノーブルスピリット
0-0-0-0 0P
シエラ
0-0-0-0 0P
ダノンパーフェクト
0-0-0-0 0P
ラストクルセイド
0-0-0-0 0P
ギャラッド
0-0-0-0 0P
ストーミーバローズ
0-0-0-0 0P
インヴィジブルワン
0-0-0-0 0P
フィエールマン
0-0-0-0 0P
ウェストブルック
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]