忍者ブログ
HOME > > [PR] > POG 2014-2015 > わくわくドキドキPOG 2014-2015 反省会 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.02≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


というわけで、昨日のダービーをもちまして、
POG2014-2015シーズンも閉幕となりました。
まずは幹事の熟をさん、そして参加者の皆様お疲れ様でした。
息つく暇もなく来週から新しいシーズンが始まりますが、
今シーズン以上に、盛り上がっていければと思います。


さて、参加者15名の今シーズン、チョルモン厩舎の成績は…。

獲得ポイント 36621ポイント (3位)
出走数 80走 (2位)
勝利数 16勝 (2位)
勝率 .200 (3位)
重賞 3勝 (最多重賞勝利賞)
GⅠ 2勝 (最多GⅠ勝利賞)
全馬デビュー賞


最終的にトップと20000P近くの差がついてしまいましたが、
その辺はダービーマジックということで、あまり気にしていません。
成績的にロースコアの年なら十分トップも狙える数字でしたし、
質より量を標榜しているうちの指名方針を前提に考えると、
歴代で最も上手くいったと思っている2009年度に匹敵するか、超えたと思っています。
少なくとも、イスラボニータとレッドリヴェールを擁して
過去最高レベルの空中戦を繰り広げた昨年度よりも充実していました。
惜しむらくはショウナンアデラとダノンプラチナという大駒の戦線離脱があったこと。
それから幻のNHKマイルカップ馬マックヴァン(ぁ のデビュー戦での予後不良など、
故障や体調不良馬が続出したことが最終的に大きな差になってしまいました。
しかしながら、そういった状況の中でもミュゼエイリアン、タンタアレグリアと、
ダービー出走馬を2頭送り出すことが出来たことは喜ばしいことでした。
各賞のランクもすべて3位以上と総合的に高いレベルで安定しており、
今シーズンに関しては大成功と自分の中で位置づけて来季に目を向けたいと思います。


1位 ラヴィダフェリース  75P  0-0-0-4
はい、某掲示板で(ネタ要員として)大人気の1位指名馬でございます。
まぁ自分の1位指名馬で期待通りに走った馬なんてあまりいないので指名順位と絡めての結果は
あまり気にしていないんですが、それにしても色々残念でございました。
この馬に関しては指名方針がダブスタとなっており、そこは大いに反省するべきだと思っています。
結果的に走らなかったということですが、走らなかったということに自分自身納得できる、
後悔しない指名を目指しているので、細かいところまで精査するべきだと、強く思いました。

2位 グリュイエール  2160P  2-1-0-4
ラヴィダフェリースとは違う意味でちょっと残念な結果に終わりましたが、
最低限の結果は残してくれました。何より出走数が多かったのは嬉しい誤算です。
やはり馬は体の丈夫さ、気性も含めての競走能力だということを実感しました。
この馬は事前に情報があったわけではないですが、気性難が伝えられる馬は極力避けるべきだと。
それが走る方に向くこともあるのがまた難しいところですが。
最終的に2勝目を挙げてどうにかカッコをつけてくれました。
今後はマイル路線でしょうか?能力全開での走りが楽しみな1頭ですね。

3位 サトノシャルマン  200P  0-1-0-0
能力があってもレースに出れなければ…な馬ですね。
秋入厩も体調崩して放牧、冬入厩して一戦して放牧。
最近帰ってきたので次はいよいよ芝レース出走でしょうか?
秋には牝馬戦線に新星誕生となっているかもしれません。

4位 ショウナンアデラ  8260P  3-1-0-0
なぜか牝馬がよく走るウチから2年連続で誕生した2歳女王。
先差自在でキレる脚もあるという、春クラシックでも楽しみな逸材でしたが、
残念ながら桜花賞を前に全治6ヶ月の骨折を負って無念のリタイアと相成りました。
2歳秋の時から体調があまり強くない様子は伝わってましたが、
競走能力が諸刃の剣となってしまいましたか。無理せず復帰を目指して欲しいですね。

5位 バードオブプレイ  70P  0-0-0-1
一戦だけ走っていつの間にか抹消されていた幻の馬(ぁ
調教内容から初戦掲示板に載れたのは望外の結果でしたので、
ここから成長したら春が楽しみだと思っていたのですが。
個人馬主ゆえ理由も状況も分からず。

6位 マックヴァン  0P  0-0-0-1
デビュー戦で逝ってしまった幻のマイルC馬(ぁ
うーん、自分の思い入れのある血統でこうなるとなかなかきついですね。
そういったこともあって、下の仔も指名させてもらいました。
譲ってくださった方々には深く御礼申し上げます。

7位 ダノンプラチナ  10060P  3-1-1-1
ショウナンアデラにつづいて2週連続GⅠ制覇の栄誉を預からせて貰った2歳王者。
今シーズンのウチの表MVPにして、正しい意味での幻のマイルC馬…かもしれない。
皐月の走りはいくらなんでも負けすぎですし、やはり体調は万全じゃなかったんでしょうね。
マイルなら世代でトップだと思うので、秋に備えて英気を養ってもらいたいですね。

8位 ロジチャリス  1760P  1-2-1-0
新馬戦でアヴニールマルシェとクビ差の接戦を繰り広げ、
続く未勝利戦で1.1倍の単勝支持の中3馬身差の圧勝、そこまでは良かったのだが…。
人気になった続く2戦をともに勝ち切れず、気がつけば放牧に出されて行方不明に。
中山での走りを見込んでの指名も一度も中山で走らず、不完全燃焼の結果に。
最近戻ってきたので、軽いケガでもしていたんでしょうかね。
当然1勝で終わる馬ではないと思うので、これからの飛躍を期待したいです。

9位 ミュゼエイリアン  5660P  2-0-1-5
スクリーンヒーロー産駒での重賞勝利、我ながら会心の指名でした。
初戦の勝ち方から世のグラスファンの期待を一身に受け、
その後もたつきながらも能力の一端は覗える走り、そしてクライマックスの毎日杯制覇。
皐月7着、ダービー10着とクラシック本番も立派に駆け抜け、
展開次第ではどちらも掲示板もあり得た健闘でした。

10位 ダイワコンプリート  572P  1-0-0-6
何だろう、このコメントし辛い能力とプロフィールは。
とりあえず1勝できたのは良かったくらいしか言うことがない…。
強いて言うならダートでの走りを見たかったかな。

11位 ラウレアブルーム  1789P  1-3-4-2
今シーズン裏MVP、秋から春までずっと楽しみを提供してくれた馬でした。
流石に2歳王者を差し置いてMVPと言うわけにはいきませんが、
自分の指名コンセプトを最も体現してくれた、心のMVPと言わせてもらいます。
昇級してからはチグハグな競馬でついに掲示板を外してしまいましたが、
とにかく人気でも人気じゃなくても好走する姿に某掲示板では師匠などと呼ばれていたり。
しばらく休養して夏に復帰するんでしょうか?リフレッシュしての走りが楽しみですね。

12位 スクワール  1445P  1-2-2-6
ラウレアブルーム師匠の影に隠れていたものの、短い間隔で出走数を稼ぎ、
ウチの屋台骨を支えてくれた善戦マン二巨頭のうちの1頭。
複勝圏内に入らなかったレースも4着や5着には来てるレースがほとんどで、
下位指名馬かくあらん、というような、まさに思い描いた通りの活躍ぶりでした。

13位 ブレッザバラーレ  70P  0-0-0-4
ダート狙いだったんですが、そのダートが芝よりダメというアレっぷりで…。
昨シーズンのクラウンマリリンに続いての惨状で、今シーズンの
ブリーズアップセールからの一時撤退を決断させてくれました(笑)

14位 タンタアレグリア  4370P  2-4-0-2
思い入れのあるパララサルーの下ということで、
指名馬の応援という意味では最も力が入りました。
それだけにダービーは出走できた嬉しさと、不完全燃焼に終わったもやもやが…。
あと2列前で競馬できてたらまた違った結果も望めたと思うんですけどね。
この馬もまた秋以降が楽しみなことは間違いないので、応援していきたいと思います。

15位 マロンベル  130P  0-0-1-3
コートシャルマンを逃して代わりとして求めたハーツクライ牝馬。
しかしながら体調不良や成長が追いつかずになかなか軌道に乗れず。
前走0.1秒差の3着とようやく素質の片鱗を見せてくれました。
3歳春にしてようやくとは言え、やはりハーツは成長力あるなと思う反面、
母系は軽めがいいなと実感しました。その辺は来年度の指名に表れてますね。



拍手[1回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1849]  [1848]  [1847]  [1846]  [1845]  [1844]  [1843]  [1842]  [1841]  [1840
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]