忍者ブログ
HOME > POG 2010-2011の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.08≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ども、長らく放置状態ですみません・・・(土下座)


とりあえず言い訳させて頂きますと、例の地震あたりの頃からちょっとばかり競馬から離れてまして。
POG関係なく、応援する馬がことごとく悲惨な結果を運んで来たのでちょっとばかり落ち込んで、
そこにドラが開幕から最下位を爆走なんてしちゃったものですから、どよ~ん・・・とね(笑)
しかも世の中が娯楽自粛モードだったもんで、なんか自然と離れることになっちゃったんですね。

その上・・・というかこっちの方がメインですが、前にちろっと書きましたが、丁度その頃から新しい仕事と大事な試験がありまして、
ぶっちゃけ競馬だの野球だの見てる場合じゃなくなったんですね。ブログ書いてる暇もなかったし。
あ、ちなみに試験は落ちました(オイ


まぁそんなこんなで、次年度の指名馬検討も中断せざるを得ない状態ではありましたが、もちろん次も参加するつもりではいました。
が、こういうのは締め切りギリギリに申し込みたがる性分なのでしばらく様子を見ていたんですが、
リア友でもあるシルフィさんがいつまで経っても参加表明しないからどうしたんだろと思いながら彼のブログに久しぶりに行ったら
なんかめっちゃやる気満々な様子で、じゃあさっさと参加表明しろよと自分のことを棚に上げて思ったりして(笑)
自分のこと行方不明とか書いてるし、自分が参加表明しないとやりにくいのかなぁと思い(←思い込み妄想)、参加表明した次第です。
正直指名馬まとめられるか、かなーり不安ですけどね。紙媒体がないって騒いでた去年なんか目にならないくらいヤバい状況です(笑)
まぁこんな時なんで、いっそネタに走ろうかなとか思ったりしてるんですけどね。でも自分がやっても中途半端にしかならないんだろうなぁ。

そうそう、ダービーが終わって今年度も終了となったわけですが、まさか自分が逃げ切れるとは思ってませんでした。
つーか、スプリングSからのなんかいじめみたいなコンボはさすがにちょっとキましたね(笑)
まぁ、その辺は忙しかったせいで逆に助けられたかもしれません。2月くらいまでは逐一指名馬の動向とかチェックしていたんですが、
3月入ってからは重賞の結果くらいしか確認してませんでしたから、もしそれまでみたいに入れ込んでたら多大な精神的ダメージを負ってたかも(笑)
そんなわけで、過去最低ポイントでの優勝となりましたが、最後にサトノフローラが勝って3万Pを超えたのは色んな意味でよかったのではないかと。
ま、そんなことより深刻なのは対戦の方なんですけどね。なんか負けまくったっぽいし、5割キープできてるかも不安だし。
序盤の貯金があるから何とか・・・とは思わないでもないですけど、それにしてもホント春になってからのウチの弱さってのは特筆モノですね(笑)
個性っちゃー個性なのかもしれませんが、こんなキャラ確立せんでも・・・と思わずにはいられません。

対戦表とかその他もろもろ、更新は早くて6月の終わりになりますかね。
13日がドラフトで、19日に青島で試験があるので遠征しなきゃなりませんし、試験勉強しなきゃならんし。
その後北京に出て日本に一時帰国します。滞在は2週間くらい。日本帰ってもやることたくさんあるし、7月にフフホトに戻るまでは落ち着かなさそう。
まぁそんなわけで、また更新がしばらく止まると思いますが、細々と続けていきますので、またよろしくお願いします。


拍手[0回]

PR

はいどーも、すっかり週イチ更新になってしまったチョルモンです。

さすがに新シーズンが始まったばかりなだけあって、最近はマジで忙しいです。
おまけに4月には割と人生を左右する気がする試験が控えてますので。。。
もうちっと何とかしたいな~とは思いますが、しばらくはこんな感じだと思います。


てなわけで、早速先週の結果から。
先週は4頭が出走し、2勝6着2回でした。

チューリップ賞に出走したレーヴディソールは単勝1.1倍という圧倒的人気に応えて圧勝。
いや、勝つとは思ってましたが、さすがにあんな勝ち方をするとは思ってなかったので、
レースを見た後はしばらく笑いが止まりませんでした(笑)何と言うか、衝撃的な強さを見た時って、
こう( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \的な感じで半分呆然としつつ笑っちゃうみたいな、そんな感じで。
レース内容については色んな所で触れられてるので敢えて触れませんが、とにかく本番が楽しみになる勝ち方でした。
阪神JFは時計やラップ的にイマイチで、勝ったけど大したことないんじゃね?って声が多かったですが、上位に入着した馬は
レーヴが圧勝、ホエールキャプチャも重賞を勝ってますし、ライステラスも今回2着と、みんな力があるところを見せてますね。
未対戦組ではやはりマルセリーナがブエナに対するレッドディザイア的な感じで人気になりそうですが、
今回のレースを見ると次もレーヴが1.5倍以下の圧倒的人気を背負うことになりそうです。
あとはとにかく無事に、最近タキオンの有力4歳馬が相次いでリタイアしたところですし、万全の状態で本番を迎えてもらいたいものです。

未勝利組3頭はそれぞれ明暗分かれる結果となりました。
ダート初挑戦となったアンクレットは先行して抜け出す競馬と待望の初勝利。
とは言え、ダートで変わったと言うより、ダートも普通にこなせたというレベルだと思います。
時計を見てもかなり遅いですし、相手に恵まれた勝利というのが妥当な見方なのでしょうね。
次またダートを使うにしろ、芝に戻るにしろ、苦戦は避けられないと思いますが、とりあえずひとつ勝てて良かったです。

特に書くこともない6着の2頭はひとくくりに。
ボンベイダックはダートは向いてないと思います・・・というか、ディープはダート走らないっぽいですね。
サンプルが少ないので断言することはできませんが、ダートで強い勝ち方をしたディープ産って何かいましたっけ?
今年に入ってからの先月までの勝ち星の中にダート戦はひとつもなかったと記憶しているんですが。。。
続戦の模様ですが、レースぶりを見る限り、まだ芝の方が可能性あるんじゃないかなぁと思います。
もう1頭、ファンドリソフィアも前から大分離された6着、どうやら時計に限界があるっぽいですね。
相手が揃っていたので掲示板に載れれば御の字と思ってましたが、5着馬からも5馬身差ですからねぇ。
こちらも続戦するようですが、デビュー戦は芝だったわけですし、1度くらいそっちでの走りも見てみたいです。
・・・って書くと1回走ったことあるんじゃねぇかって思われるかもしれませんので念のため書くと、
初戦はゲート出てすぐやる気をなくして競走中止→去勢→復帰してダート、という流れなのです、はい。



続いて今週の出走馬、アネモネSで復帰戦を迎えるサトノフローラ含めて2頭が出走します。

というわけで、夏の新潟で9馬身差の圧勝デビューを飾ったサトノフローラがようやく帰ってきました。
デビュー戦は色々言われている通り、相手が弱かったとか諸々の条件が揃ってのあの着差であり、
額面どおりに受け取るのはためらわれるところですが、とは言え新馬戦としては優秀な時計だったのも事実。
半年振りの復帰戦で厳しい部分はあると思いますが、素質ではここでも全くヒケを取らないと思います。
もっとも、個人的にはオークスでと思っているので、ここを僅差3着からフローラS→オークスとか
行ってくれたら最高だなんて、ふざけたことを思っていたりするわけですが(笑)
まぁ常識的に考えれば厳しい条件ですから、まずはとにかく無事に回ってきてくれればと思います。

もう1頭、ハイライトリールが日曜小倉の未勝利戦に登場。
ここまで2戦を3着→2着と来ていますから、もうそろそろ順番でしょう。
他の出走メンバーを見ても、初出走となる馬が数頭、その他も前走二桁着順の馬ばかり。
一応前走着順で見ると、最高で6着という馬がいますがそれは昨秋の福島という、これはもうJRAに勝てと言われているようなものかと(笑)
とにかくスムーズに回ってくればまず負けないと思いますので、後は前2走で見せたコーナーで膨らむ癖に改善が見られればと思います。


先週出走した4頭のうち、レーヴを含めた3頭は続戦の模様。
アンクレットも放牧明け1戦目でしたし、どこかの自己条件に向かうのではないでしょうか。
来週はリベルタスがスプリングS、シュプリームギフトが阪神で復帰予定。ディープフィールドとぶつかることになりそう。
調教見てる感じでは、タフも中央で復帰するなら来週あたりになるのではないでしょうか。
唯一の未デビュー馬のディオルーチェは調教がかなーり不安な感じで、もうちょっと時間がかかりそう。
新馬戦が終わった頃に出てくることになるのかな。ちょっとトーンダウンせざるを得ないですね。
それから、ある意味衝撃のデビューを飾った(笑)ピエナノテツジンが半年ぶりに帰厩しました。
乗り込み具合が分からないので復帰時期は分かりませんが、来月あたりになるのではないでしょうか。
初戦がアレだったのであんまり景気のいいことは言えませんが、デビュー前の坂路調教では
水準の時計で走っていましたから、気性が成長していれば・・・と思います。色んな意味で復帰戦が楽しみです(笑)
これでチョルモン厩舎は12頭体勢に。このまま最後までとは行かないでしょうが、9頭くらいはキープしていきたいですね。


拍手[0回]


今週は忙しい上に体力的余裕がないので簡潔に。
いつものだらだらとした無駄話も書く余裕がないくらい・・・●| ̄|_
個人的にはあっちの方がメインみたいな感覚なんですけどね(笑)


先週はヴィクトリースターが出走して残念ながら7着という結果。
昇級してからは好走したのは京都ばかりだったのでちょいと不安もあったんですが、
疲れが出たのか落鉄が影響したのか、とにかく予想より大分悪い結果になってしまいました。
ていうか、開幕週ドスロー確定のレースで最後方からって・・・それとも前に行きたくても行けなかったのか。
ようやく休みがもらえたみたいなので、ここらですっきりリフレッシュしてきてもらいたいですね。
できれば得意の京都競馬場、京都新聞杯に出てきてもらいたいなぁ。


今週はレーヴディソールがチューリップ賞に出走。
この馬に関しては特に言うこともありませんね。よっぽどのことがない限り勝つでしょう。
他に3頭、アンクレット、ボンベイダック、ファンドリソフィアがダート未勝利戦に出走します。
ファンドリソフィアの相手は揃っているので少々厳しいでしょうが、初ダートの2頭はチャンスありかと。
特にアンクレットはダートを無難にこなせるなら初戦から勝ち負けになると思います。


ヴィクトリースターが放牧に出ましたが、入れ替わるようにタフが帰ってきました。おかげで11頭体制は維持。
既に早い時計を出しているので、今月中には出てくるのではないでしょうか。厩舎から地方の可能性もありますが。
リベルタスは正式にスプリングSへ、体調悪化が懸念されていましたが、何とか仕上がりそうですね。
サトノフローラは来週のアネモネSが濃厚、ハイライトリールも来週の未勝利戦です。
シュプリームギフトも復帰戦が決定、再来週の阪神で復帰するようで、初戦から期待したいですね。
それからアストロロジーは毎日杯に向かうようです。首尾よく賞金が加算できればマツクニローテになりそうな感じ。
まぁいきなり重賞でレッドデイヴィスとやるのは厳しいでしょうから、期待半分で見ようと思います。



わくわくドキドキPOG対戦表2010-2011
総合成績表

そんなこんなで、月イチ更新わくわくドキドキPOG対戦表。
何だかやけにいびつな形になってきたなぁ・・・貯金持ちは6人だけか。
もっとも、借金1が3人、借金2が2人など、すぐに5割飛び越えられる人が多いんですが。
aji-sandさんがこちらでも数字を延ばして貯金組に復帰。やっぱりこの名前が上にないと違和感ありますからね。
そういえばお宝さんの数字をいじった記憶がここ3ヶ月くらいないんですが、一体どうなっているんだか(笑)
今月は対戦的に大一番になりそうなスプリングSがありますので、終わった頃には大分順位が変わっているかも。


拍手[0回]


どーも。

日曜日に体調不良の中バイトに出かけ、仕事が終わって帰ろうと階段を降りている時にゲフンと咳き込み、
その拍子にズキンとなってグラッとなってズルッとなってドンガラガッシャーンとなってグキッとなったチョルモンです(`・ω・´)シャキーン

何言ってんのかさっぱりわかんねーよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

要約すると、階段で咳き込んでそれが頭に響いてバランスを崩して足を滑らせて階段から転げ落ち脱臼と打撲と捻挫をしたと、そういうわけです。

ついでに、もらったバイト代も落とすし・・・もうダメかも分からんね (´Д⊂ ウウ



そういや姉貴が明日やっと帰ってくるらしいです。
蘭州から切符がなくて?20時間立ちっぱなしの切符だとか・・・ホントようやるわと感心しますね。

結局正味3週間ですか。
そろそろ洗濯物も溜まってきたし、部屋も汚くなってきたので帰って来てほしかったんですよね~よかったよかった。
自分でやれよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ




さてさて、本題のPOG。
先月、そして今月といささか静かだったチョルモン厩舎ですが、今週から動きが活発になりそうです。

リベルタスはスプリングSor弥生賞からクラシック戦線へ。どちらかと言うとスプリングSが有力だとか。最悪直行でもいいんじゃないですかね。
レーヴディソールは帰厩後順調でチューリップ賞から桜、樫へ。マルセリーナが回避するそうで、この馬には追い風が吹いてますね。
去年6月にデビューしながらいつまで経っても帰って来なかったシュプリームギフトも今週ついに帰厩しました。
じっくり乗り込んできてますし、来月中には出てきてくれるでしょう。デビュー戦で見せた非凡な走りをまた見せてほしいですね。
ボンベイダック、ファンドリソフィア、ハイライトリールの未勝利組も続戦の模様で、来週か再来週あたりに出てくるでしょう。
アンクレットも帰厩してからじっくり乗り込んできました。今週早い時計を出したので来週あたり出てくるのでは。
クイーンCに出て来ずやきもきさせたサトノフローラも時計を出し始め、アネモネSかフラワーCを目標にしてるとか。
無理に桜を狙わずひとつ叩いてフローラSからオークスなんて展開になれば最高なんですが。
そしてチョルモン厩舎未デビュー最後の1頭、ディオルーチェもいよいよ明日帰厩の運びとなりました。
ゲートは合格してますし、山元で2ヶ月以上乗り込んで来てますから、遅くとも来月中にはデビューできると思います。
後はタフとピエナノテツジンがどこで何をしてるのか、タフなんかはその内ひょこっと帰ってきそうではありますが。
故障離脱したホーマンフリップとジュエルシードを除いた11頭体制、これなら去年までみたいな大失速はないんじゃないかと期待してます。



さて、先週は上に挙げなかった2頭のうちの1頭、アストロロジーが連闘となったレースで初勝利を挙げました。
最内枠がどうかとおもいましたが、先行してからの横綱相撲できっちり抜け出し、メイショウヤタロウをクビ差抑えた勝利。
思ったより着差はつきませんでしたが、かなり余裕をもって抑えたそうで、3着以下は離してますから完勝と言っていいでしょう。
デビュー前から評判だった馬がここに来て本格化してきたようで、この内容なら昇級戦でも楽しみですね。
連闘したのでちょっと間を空けるでしょうから、早くても来月の末あたりになるのでしょうか。できればマイルCで見たいなぁ。



上に挙げなかった2頭のうちのもう1頭、ヴィクトリースターが今週すみれSに出走します。
ベルシャザールやトーセンレーヴといった強そうなメンツが回避して、いい感じに低レベルな9頭立て。
京都の方が合ってると思いますし、京成杯組がちょっと怖いですが、正直これはモロタ!って思ってます(笑)
ドスロー必至なので、ある程度流れた方がこの馬にはいいと思うのでそれが不安と言えば不安ですが、
今回で3度めとなるリスポリ騎手、過去2戦は両方クビ差の接戦ですから今度こそ決めてもらいたいところ。
取らぬ狸の何とやらですが、ここ勝ったら皐月パスして京都新聞杯とか行ってくれないかな。
勝っても負けてもここらで一息入れそうですし、ここは池江師の有終を飾る勝利を挙げてもらいたいですね。

拍手[1回]


今週はいよいよGⅠ開幕週・・・なわけですが、フェブラリーSのメンツがあまりにアレなのでどうにも盛上がらず・・・。
酷いメンバーだと思う反面、トップレベルで出てきてないのはせいぜいスマートファルコンとエスポワールシチーくらいだと考えると、
ダート戦線の空洞化は予想以上に進んでいたようで。何と言っても4歳馬の強い馬がいないというのが痛いですね。
2年くらい前は逆にメンバーが揃いすぎて芝より面白いと思ったりしたものですが・・・どうしてこうなった。


クラシック本番に向けて大事なレースが続く3歳戦線。
先週はクイーンCに共同通信杯、条件戦ではつばき賞と、注目レースが多くありましたが、今週は谷間の様相。
ダンスファンタジアにクイーンC→フラワーCっとぶっこ抜かれると恐々としていた身としては、掲示板外という結果、
そして桜に直行することになったというのは正直助かったというのが偽らざる気持ちです。
共同通信杯はシルフィさんが勝たなきゃいいやと思っていたので2、4着なら・・・ってところですかねー。
個人的に応援していたダノンバラードは外から全く伸びず・・・馬場のせいもあるかもですが、それにしても負けすぎです。
スローにも関わらず早い上がりが使えてないことから、単純に切れる脚がないってことなのかもしれませんね。


自分のところの話をすると、3頭が未勝利戦に出走して2着、2着、5着と今一歩な結果。
ハイライトリールは勝てると思ってたんですが、なかなか思い通りにコトは運んでくれないですね。
4コーナーでまた膨れた?のかな?もうちょい長い距離がいいと思うんですけどね。勝ち上がりは近いと思うので、次こそ勝利を。
アストロロジーはまさかの1番人気。デビュー前評判だったことや調教の動きがいいというのは分かりますが、
休養前の結果を見るとそこまでの人気は?と思いましたが、結果だけ見るとその支持は正しかったということになるのでしょうか。
レースは直線詰まってラスト1ハロンしか追えず、最後凄い脚で突っ込んでくるも僅差の2着だったとか。
スローだったとは言え、先週の時計のかかる馬場で34秒台の脚を使えたのは収穫ですね。
休養前はパンとしてなかったそうですが、帰ってきて身が入ったと言うコメントもありましたから、馬が変わったのかもしれません。
3着馬には2馬身差をつけていますし、次はスムーズなレースが出来れば確勝でしょう。マイル路線の新星になれますように。
ボンベイの5着は掲示板に載っただけでも上出来、勝ち上がりは遠いと思いますが、未勝利戦で地味に掲示板に載り続けてくれれば。

そんなわけで、軽ーく振り返って見ました。ホントは詳しく個別に振り返りたいところですが、
中共がようつべブロックしてやがるせいで映像見れないんですよね・・・。この情報化社会でこんなん意味ないっつーに。
新馬戦と特別戦はJRAの公式で見れるのですが・・・減るもんじゃなしに未勝利戦や平場戦も見れるようにしてくれないかなぁ。
まぁそんなわけで、見れないレースは実況板のレスや上がりやコーナー通過順位なんかで想像するしかないわけで。
なのでたまに間違ったこと書いてるかもですが、スルーしてもらえるとありがたいです。


今週の出走馬は2頭、どちらも未勝利戦です。
土曜の京都ダート千二にファンドリソフィアが出走。去勢明け初戦は後方から追い込んで6着まで。
前とは差がありましたが、使った脚はなかなかのものでした。叩かれてどこまでやれるか分かりませんが変わり身期待ですね。
デビュー戦は芝でしたし、一度芝での走りを見てみたいですが、ここはひとまずダートで掲示板を目指してもらいたいところ。

同じく土曜京都芝マイルにアストロロジーが怒りの連闘。
降ろされたのか先約があったのか分かりませんが、今回は川田騎手に乗り替わりですね。
京都開催のうちに是が非でも勝ち上がっておきたいということで、ここは勝たなければならないレースでしょう。
最内枠が気になりますが、相手もそれほど強そうなのはいませんし、ここは突き抜けるくらいの競馬を見せてもらいたいですね。
とにかく内で詰まって何もできない、っていうのだけは勘弁。


拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2017-2018
0-0-0-0 0P
センテリュオ
0-0-0-0 0P
ダノンマジェスティ
0-0-0-0 0P
シンハラージャ
0-0-0-0 0P
フォックスクリーク
0-0-0-0 0P
タンタフエルサ
0-0-0-0 0P
ラヴアンドバブルズの2015
0-0-0-0 0P
ノーブルスピリット
0-0-0-0 0P
シエラ
0-0-0-0 0P
ダノンパーフェクト
0-0-0-0 0P
ラストクルセイド
0-0-0-0 0P
ギャラッド
0-0-0-0 0P
ストーミーバローズ
0-0-0-0 0P
インヴィジブルワン
0-0-0-0 0P
フィエールマン
0-0-0-0 0P
ウェストブルック
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]