忍者ブログ
HOME > POG 2011-2012の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.04≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新馬戦も始まってしまいましたが、一応やっておかなければということで、恒例の反省会。

例年速攻系を集めてスタートダッシュを決めるのがウチのスタイルでしたが、
なかなか良さそうな馬が見つからなかったのでいつもよりは大振り気味の指名でした。
夏のオープンや重賞勝ち馬を見るとかすりもしないような馬ばかりだったので、
それ自体は間違いではなかったと思いますが、全体としては不満の残るものに。
結果としてジェンティルドンナのお陰で2位に入りましたが、もっと全体のクオリティを上げていきたいですね。


2位 65走 35760P 14- 5- 5-41 勝率.215

この順位で何の不満があるのかと文句を言われそうですが、自分の中で最高だったのが
17勝挙げて2位だった09-10年度だったと思っているように、自分は組んだゲームプラン通りになるか、過程のほうが重要なもので。。。
結局一度も出走しなかった馬が2頭、終了間際にようやく顔を出したのが1頭、1回走っただけで行方不明になった馬が1頭。
その他にも順調に使えない馬が多く、デビューからシーズンが終わるまで予定通りに使えたのは半分以下でした。
その結果が全体で65走という結果に表れており、このあたり体質や馬体重など指名前にもっと精査しなければなりませんね。
ポイント的にはジェンティルドンナ様様という以外には特にコメントもなし。パララサルーが最後故障回避するなど運もありませんでした。
そして全体の成績ですが、最高勝率は取ったものの、連対率や3着内率は上位陣でも最低ランク。
とにかく走る馬と走らない馬の差が大きく、堅実に着を拾うポイントゲッターがいなかったのが響きました。

以下、簡単な個別回顧。

ダノンムーン 930P 1-0-2-0
エースとして期待するも、年明けて放牧に出てからは行方不明。
エリカ賞組はなかなか出世しているだけに、順調ならばと思わずにはいられません。

メテオライト 1650P 2-2-0-2
評判に反してデビュー戦着外後放牧。復帰後も掲示板が精一杯で、ネタ馬として扱われることに。
しかしダートでは一転して堅実な走り。昇級戦でも勝利し、最低限のカッコはつけたかなと。

ディサイファ 225P 0-0-1-1 
ここまで、上位陣のホームラン狙いの牡馬陣が見事に空振り。まぁ大振りとはそういうものです。
素質はありそうですが、体質に難があり、なかなか順調に使えません。丈夫になれば結構やりそうですが。

ストレートラブ 50P 0-0-0-7
うーむ、上位陣の壊滅っぷりがひどいですね(笑)見事なまでの地雷収集っぷり。
順調に使えたことだけは良かったですが、現状では上がり目を感じられず。

パララサルー 3630P 3-1-0-1
ジェンティルドンナに次ぐポイントを獲得した第二のポイントゲッター。
期待感という意味でもとても楽しませてもらいました。惜しむらくはオークスを回避したこと。

フォントルロイ 255P 0-0-1-6
調教の時点でガッカリ感が漂っていた、昨シーズンの切り込み隊長。
弟とのセット指名でしたので、評価は弟に持ち越し。この血統の名誉挽回なるか注目。

カレイドスコープ 0P 0-0-0-0
夏の短いところを期待するも、入厩と放牧を繰り返し、結局一度も走らないままでした。
とにかく順調に使えない馬が多かった昨季を象徴するような馬でした。

サトノジュエル 0P 0-0-0-0
牧場での育成段階で骨折してそれっきり。ザ・タキオン。

プリームス 0P 0-0-0-1
シーズン終了間際にひょっこり出走してきました。既走馬相手にまずまずの走り。素質はありそう。

チェスナットバロン 700P 1-0-0-0
ダートのエースとして期待して、新馬戦を快勝。大型馬であり、叩いて上積みあれば昇級戦でも、
と思ったのですが、脚部不安を発症して最後まで姿を現さず。これまた順調ならば・・・という馬。

アンチュラス 2530P 1-1-1-3
重賞で2着、GⅠでも5着と上位陣相手でもそれなりの走りをみせてくれました。
冬を越えての成長力に欠けたのか、復帰後は惨敗続きだったのが残念。

トップスカーレット 885P 1-0-0-9
今シーズンの敢闘賞。やはりPOGは走ってナンボですね。
人気がない割りにコンスタントに掲示板に載りました。

ジェンティルドンナ 23590P 4-1-0-1
説明不要の牝馬2冠馬。昨シーズンはこれが全てだったと言っても過言ではありません。
ホームラン狙いの指名で1頭当てたんだからそういう観点なら成功だと言えるかもしれない。

シャンボールフィズ 1130P 1-0-0-5
新馬戦の強い勝ち方と血統もあって注目を集めるも、その後は思ったほどでは・・・という結果に。
按上、レース選び、レース運び、全てがチグハグだった印象。もうちょっと身体が大きければ。

チュウキチ 185P 0-0-0-5
夏にデビューするも、これまた体質に問題があるのか順調に使えず。
復帰後も1度4着がある以外は惨敗ばかりでなかなか初勝利は遠そう。




うーむ、見れば見るほど、自分が理想とする「堅実」とは程遠い結果に。
今年度はその辺考慮して、

① 体重が軽すぎる馬は指名しない
② タキオンは指名しない
③早めの馬を多めに指名

などなどしてみました。
目標として、順位は度外視・・・とまでは言いませんが、とりあえず中位以上ならいいかなと。
優勝も特に目指していません。

それよりも、早いところをそろえたので、これまでの最多出走数を更新するのが目標ですね。
それと、昨年度の最高勝率賞獲得で、獲ったことのない賞が全馬ポイント獲得賞のみとなりましたので、
全賞制覇を目指すべく、全馬ポイント獲得が最大の目標になると思います。



拍手[1回]

PR

ヽ(*゚▽゚)ノ~▽▼▽【祝 childsviewさん優勝】▼▽▼~ヾ(゚▽゚*)ノ


というわけで、childsviewさん、優勝おめでとうございます。

ディープブリランテとトーセンホマレボシがダービー1、3着での逆転でしたが、
ブリは距離あかんし、ホマレは力足らんだろうし、まぁゴールドシップとワールドエースが何とかするやろ、と、余裕ぶっこいてました(笑)

最後は、何と言いますか、豪快にぶっこ抜かれる形なってしまいましたね。
ただ、負けてしまったのは残念ですが、優勝争いとしては過去最高の盛り上がりだったのでは。
やはりダービーまで優勝の行方が分からないほうが面白いですね。まな板の鯉状態の自分としてはありがたくなかったですけど(笑)


さて来年度に向けて、自分の中で競馬熱は冷め切っているのですが、POG熱は冷めるどころか真っ赤に燃えてる状態なので、
こうやって続けていれば、また競馬熱が盛り上がってくることもあるのかな、と。そんな日がまた来たらいいなと思います。


幹事の熟をさん、一年間本当にお疲れ様でした。
また来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


拍手[0回]


キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!!


ヽ(*゚▽゚)ノ~▽▼▽【祝 ジェンティルドンナ二冠制覇】▼▽▼~ヾ(゚▽゚*)ノ


なんか最近ロクなことがなかった分がここに来て・・・って感じです。
とりあえずこれで3位以上は確定でしょうか。
個人的にあまりいいシーズンではなかったのですが、それなのにポイント的には自己記録更新と、
自分の意識と結果が乖離しているのでイマイチ実感が湧きませんが、ともあれ結果自体には満足しています。



これで週末の大イベント3連発のうちふたつは大勝利ということで、

この流れならドラフトも勝つる!



・・・かもしれない。



まぁ、既に4頭取れないことが確定しているわけですが●| ̄|_



拍手[0回]


        キタ━━━━(゚∇゚)━━━━ !!!!!

     キタ━━━━(゚∇゚)━━━━ !!!!!

キタ━━━━(゚∇゚)━━━━ !!!!!




これで上位は安泰になった・・・気がする・・・けど・・・皐月ダービー掲示板独占の可能性もあるからなぁ。
パララサルーは残念だったけど、最後いい脚使ってたし、体調戻ればオークスもまだまだ期待できると思ふ。

あとは、来年度に向けてやね。ぜーんぜんこれっぽっちも手つけてないけど。


拍手[1回]


さて、もうすぐ年も明けることですし、前半戦の反省会でもしておきましょうか。
2歳戦の結果はともかく、指名云々の反省はすべての結果が出てからやりたいところですが、
来年度は新馬戦開始の日程が早まる関係で、結果が出そろうのを待つことができませんので、その辺も踏まえて。


ここまでのチョルモン厩舎は11頭がデビューして29戦7勝(7-4-3-15)。
ポイントとしては7540P獲得し、トップから5000ポイント余り離された6位となっております。

んー、順位的には過去数年よりちょいと下くらいなのでそこまで不調というわけでもないのですが、
夏デビュー予定で指名した馬がいまだにデビューしなかったり、頓挫があった馬が多いせいでどうしても調子が悪いという感覚を持ってしまいますね。
上位陣は全員デビュー数がうちと同数以上、出走数もウチ以上ということで、やはり順調にデビューできるかがカギになりますね。
あとはまぁ、上位陣すべてに2勝馬がいるのに対して、ウチは7勝すべてが新馬戦と未勝利戦の勝利ということで、
クラシックに向けて本当の意味で期待できる大駒がいないということも、なんとも言えない感覚の原因ではないかと。
一応オープン馬という括りならアンチュラスがいますし、期待馬はそこそこ揃っているんですけどねぇ。
それでも何だかんだで上位にいるあたり、失敗だったとは思ってませんが。
何より、まだトップとの差もトライアルひとつでひっくり返るくらいですしね。
去年は空気読めない誰某が2歳戦で突っ走って2万ポイント近く獲得したせいでシラケ鳥が漂ってましたが、
今年はまだまだ混戦模様ということで、トップはともかく上位入賞目指して応援していきたいと思います。


一応個別も書いておきますか。


1位 ダノンムーン

2戦目で勝ち上がり、エリカ賞3着。ドラ1としては?ですが、何だかんだで結果を残してるあたり良血だなぁと。
かかり癖がなくなれば化けると思うんですけどねぇ。あとは体重が増えてくれば面白い存在になれるかと。

2位 メテオライト

現状は残念と言わざるを得ませんが、休養前に出走したダート戦では素質を感じさせる走り。
復帰戦で勝てるようなら、その後も期待できるかもしれませんね。まずは勝ち上がりを目指してもらいたいです。

3位 ディサイファ

ある意味では今年最大の誤算ですが、こればっかりは仕方がないですね。
いつ戻ってくるのかやきもきしていましたが、先日入厩して年明けの中山でデビューできそうだとか。
牡馬の大物候補として活躍に期待しています。できればユタカ主戦で。

4位 ストレートラブ

デビュー戦は散々でしたが、徐々に内容はよくなっていると思います。前走は掲示板にもう一歩でした。
ずっと混合戦で使われていますが、牝馬限定戦なら上位に来れると思うので、まだまだ期待したいと思います。

5位 パララサルー

ウチの期待の牝馬その1。デビュー戦はデイリー杯3着馬ゲンテンの2着・・・まぁゲンテンはその後がアレですが。
その後ソエでしばらく間隔が空きましたが、骨っぽいメンバーが揃った復帰戦であっさり勝ち上がり。
展開が向いたのは確かですが、それにしても強い競馬でした。フェアリーSでもいい競馬ができれば台風の目になるかも。

6位 フォントルロイ

今シーズンの誤算その2ですが、まぁ来年も見据えての指名なので仕方ないですかね(っとサラッとけん制)。
勝ち上がりは厳しそうですが、着差を見てもどうしようもないほどってわけでもないので、ダートでも何でもどこかで激走してくれないかな。

7位 カレイドスコープ

夏に入厩するも怪我で放牧。秋に入厩するも熱発で放牧。さて、冬に入厩したらどうなるんでしょう(笑)
秋に入ってきた時の坂路調教ではいい時計は出せていませんでしたが、休養してきてどうなったか。
災い転じて福となればいいんですけどねぇ。

8位 サトノジュエル

ドラフト時点で入厩していたので指名したんですが、完全に裏目に出ましたねぇ。
骨折したということで期間内デビューは絶望的。この母の仔は脚元弱いのが多いですね・・・。

9位 レジェンドトレイルの2009

馬名も分からず血統だけで指名したんですが・・・やっぱりドラフト時にある程度情報が知れてないとダメですね。
毎年こういうのを1頭くらい指名して、毎年後悔するんですが(笑)まぁ人間そう簡単に学ばないってことで。

10位 チェスナットバロン

新馬戦勝った時はテンション上がったんですけどねぇ。なかなか順調に使えず、脚部不安を発症したとか。
これだけ重いとしょうがないのかな。第二のカネヒキリを夢想してたんですが。

11位 アンチュラス

期待の牝馬その2。現状、うちの稼ぎ頭であります。
本番でジョワを倒せるとは思いませんが、トライアルレベルなら安定して走ってくれそう。
みんながジョワ避けてフィリーズRに来ませんように(-人-)ナムナム

12位 トップスカーレット

結果はともかく、夏から順調に出走を重ねてくれました。ひとつ勝ちましたしね。
現状完全に底が見えてしまってますが、ダートや短距離で新味が出ることを期待したいですね。

13位 ジェンティルドンナ

期待の牝馬その3。ジョワと対戦したことがない牝馬の中では1番手扱いされてることも多いですね。
確かに未勝利戦の勝ちっぷりは素晴らしかったですが、スロー&弱メン相手だったのでまだ半信半疑。
とはいえ、期待が持てるだけの内容だったのも確か。シンザン記念で姉の無念を晴らせるか。

14位 シャンボールフィズ

期待の牝馬その4。新馬戦はいい勝ち方でしたが、体が小さいのがネックですかね。
あとは姉と同じく輸送がダメっぽいのも。白菊賞は1着はともかく、2着になれなかったのが残念でした。
まぁでもこの馬もまた成長途上、馬体が増えればやれると思うので、まだまだ期待したいと思います。

15位 チュウキチ

んー、この馬も順調に使えなかったのがなぁ。新馬戦で一瞬見せた脚は良かっただけに残念至極。
体調不良で放牧に出されましたが、今どこで何してるのか。体力つけば面白い存在だと思うんですけど。




来年に向けてですが・・・まだなーんも手をつけてません\(^o^)/
今年度の指名もヤバいヤバい言ってましたが、何だかんだで前年秋からチェックしてたのが役に立ち、何とかなったんですけどね。
今年はマジでなーんもしとりません。来年も何だかんだでドラフト前には日本に帰れないでしょうし、
何とかかんとかネットの情報のみでやってくしかないんですが、これは過去最大のピンチの悪寒がヒシヒシと。
今年で言えば、巡回サイトが少なすぎたせいで、あまりにもありがちな指名になってしまったんですよね。
一昨年もドラフト時は中国にいましたが、あの時は時間に余裕があったのと4月の終わりまで日本にいあので、
色んな方向に手を出せたんですが、残念ながら来年度も今年度と同じようになってしまいそうです。
いっそ良血地雷踏みまくってみようか、とか考えてみたりもするんですけどね。
来年はディープも今年ほど繁殖が良くないですし、新種牡馬もサムソンとかあまり人気にならなそうで、
今年ブレイクしたアドムーンの取捨など、今年以上に種牡馬的な駆け引きが熱くなりそうなのが楽しみではあります。
とかなんとか能書き垂れて、結局いつも通りに落ち着くんですけどね。
年始は暇なので少しだけでもリスト作りに手ぇつけてみるかな~。



拍手[1回]

[1]  [2]  [3
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]