忍者ブログ
HOME > > [PR] > フフホト日記 > 幼馴染の結婚式 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


水がー水がー水が出ないー。

はいこんばんは。相変わらず水が出たり出なかったりする現状に苦慮しているチョルモンです。

雨不足なのかなーと思って雨乞いでもしようかと思ったら、地下水が不足しているんだとか。
それって一過性のものではなく、これからずっと付きまとう問題なのでは・・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル




一昨日幼馴染の結婚式が行われました。
嬉しいような寂しいような、なんとなく、物悲しい気持ちになるものですね。

・・・ていう話をすると、女の子?好きだったの?とか聞かれるんですが、男ですからね!誤解しないように!

やっぱり一生の中で出会う中でも特別な友達なんてそう何人もいないですからね。
自分で考えても内モンゴルに4人、日本には3人くらいかなあ・・・自分が特別と思ってる友達は。

で、その中の1人であるところのBが結婚しちゃったわけですよ。高校時代に蒙校4バカと呼ばれた内の1人が。
まあ結婚式をやったってだけで、籍は今年の初めに入れてたんですけどね。5月にこっち来てすぐ結婚証明書見せてもらいました。
それ見てC(4バカのひとり)が寂しくて泣いちゃいましてね~。その日は2人で夜どおし遊びましたよ(笑)

でもね、やっぱり嬉しいものです。本当に。心から祝福したいと思います。
新婦は4年前に紹介されたんですが、可愛くて性格も真っ直ぐなとってもいい子ですしね。
大学1年時に知り合ったらしいですが、自分が紹介された時は付き合って1年くらいだったかなあ。
Bを遊びに誘うとオプションとして必ず彼女がついて来るようになりまして(笑)みんなで生暖かい視線を送ってました(笑)
それと同時にちょっとだけ、ほんのちょっとだけ寂しいと思ったことを覚えています。

それから4年経ったわけですが、いまだに羨ましいくらいにラブラブですからね~(笑)
結婚式前日に身内だけの集まりに特別に呼ばれたんですが、一緒に準備のために街に出てもいっつも手を繋いでるんですよ。熱い!熱いわ!(爆)

でも小学生時代(出会ったのは7歳の時)はどっちかと言うとひ弱でインドア派だったBが・・・と思うと胸が熱くなりますねえ。
4バカとかひとくくりにされてはいましたが、彼の名誉のために言うと他の3人とは全然違って真面目なヤツです(笑)
他の3人は夜通し遊んだりしてましたが、彼は門限を守って遅くとも夜10時には家に帰ってましたから。
ゲーセンで明け方4時まで20時間遊んだ挙句、ハラペコで倒れそうになりながら開いてる飯屋を探してゾンビのごとく徘徊とかしてませんから(笑)

あと残りの3バカのうちCとSも夜遊びはしてましたが基本的に学校サボったりはしてませんでしたので。彼らの名誉のためにも言っておきませんと。
とにかくダントツで酷かったのは何や日本から来てたらしい留学生のYっちゅうヤツらしいですからねえ・・・。
お前のことだろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いやいや、まあまあ、あれはそう、あれですよ。若さゆえのあやまt(ry


で、どちらかと言うと線の細い彼は、当初嫁の両親にはあまり気に入られなかったらしいんですね。
彼の家は母は保母さんで父は大学の教授、両親の実家はホロンバイルの牧民ということで、モンゴル族的にはケチの付け所のない家庭なんですが。
そのことでちょっと悩んでいた時期もあったんですが、傍で見ていても彼女が出来てからちょっとずつ男らしく頼れる感じになりまして。
そんな中、彼が大学3年時、彼女の父親が病気で倒れてしまいましてね。それが丁度夏休みの時期でBは急いで彼女の実家に出向き、
夏休みの間中、2ヶ月近く彼女の父の看病と、その仕事(牧民です)を引き受けてきっちりこなし、それで認められたんだとか。

ヤバイかっこいい。かっこよすぎるじゃないですか。まさに漢と書いて「おとこ」だと自分は思いましたよ。
そんな経緯もあったので、とにかくうまくいって欲しいとずっと願ってましたから、ゴールインできて本当に良かった。

去年Bの家は引っ越しまして、市の中心からちょっと外れに新しく出来た住宅地なんですが、それもこの結婚が決まったからだそうで。
去年の年末に用事でフフホトに来た時、丁度引っ越したばかりで、泊まりに来いと言われて行ったんですが、
広い100平米以上の家で、両親の部屋、自分が泊まったお客用の部屋、そして2人の部屋と、既に一緒に住んでました。
自分を迎えた姿とかお茶や夕飯準備するところなんか、既に嫁の貫禄充分でしたね(笑)
Bも大卒後すぐ定職につきましたし、あとは子供を・・・げふんげふん。すいません、チョーシ乗りました(;^_^A


何にしてもBとZ(嫁)おめでとう!2人の未来に幸多からんことを祈って。


拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1612]  [1611]  [1610]  [1609]  [1608]  [1607]  [1606]  [1605]  [1604]  [1603]  [1602
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]