忍者ブログ
HOME > 競馬結果の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.05
競馬結果
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


牡牝とも混迷を極める今年のクラシック戦線。
トライアル重賞が東西で行われましたが
“予定通り”の波乱で混迷の度合いは一層深まることに。


セントライト記念

1着 ダイワワイルドボア
2着 マイネルチャールズ
3着 ノットアローン


同距離のレースで善戦を続けて来た
ダイワワイルドボアが一足跳びで重賞制覇。
相変わらず強いんだかよく分からない
マイネルチャールズが頑張って2着を死守。
直線で粘りを見せたノットアローンが3着。

うーーーん。レースのレベルとしてはどうなんでしょうねえ。
痛ましい事故もありましたし後方の馬はレースを
しなかったようなものですからどうにも判断が難しいですね。
神戸新聞杯のレース内容にもよりますが、
よほどのことがない限りはあえてセントライト組から
買う気にはならないでしょうねえ。
この組で個人的に最も注目したいのはノットアローンですね。
気分良く逃げればしぶといですし、スローになること必至の
菊花賞ですから、上手くいけばアドマイヤジャパンや
マイネルデスポットの再現もあるのではないかと。

もっとも、個人的に本命にする馬は
結構前からすでに決めてあるんですけどね。
もちろん“出られれば”の注釈付きですが、
マーベラスサンデーファン期待の星のあの馬に
今年は全てを賭けようと思っています。
あのマーベラス産駒らしからぬキレ味、
距離が持つか不安ですが、それはどの馬も一緒。
今年の3歳で唯一激烈応援する気になった馬、
例年以上にボーダーが高いので出れるか
微妙ですが何とか出てほしいですね。



ローズS

1着 マイネレーツェル
2着 ムードインディゴ
3着 レジネッタ

春のレースでそれなりの結果を残した馬が上位、
今年も上がり馬の台頭はありませんでした。
マイネレーツェルはどうにもトライアルホースっぽい気がして
ならないのですが、勝っても人気にならないタイプですし、
本番でも実力的にも馬券的にも面白い存在ですね。

1番人気レジネッタは3着でした。
叩き台としては上々なのでしょうが、どうも勝ち切るまでにいきませんね。
堅実に走ると言えば聞こえはいいですが、ちょっとジリっぽい感じがします。
桜花賞馬とオークス馬という違いはありますが、
牡牝混合戦を含めて引退まで一度も掲示板を外さなかった
レディパステルが何となくですが被るような気がします。

で、今年のオークス馬は掲示板を外す6着。
休み明けだったとは言え、昨年のダイワスカーレットを考えると
やはり物足りない印象はぬぐえませんね。
次も人気するでしょうから嫌ってみるのもいいかもしれません。



とにかく地味な印象の今年のクラシック。
特に牝馬クラシックは昨年がアレだっただけに余計に…。
元々ブゼンキャンドルとかティコティコタックとか
あまり勝ち馬が印象に残らない秋華賞、
本番に向けて何とか盛り上げていってもらいたいところですが…。



拍手[0回]

PR

プロキオンSはレコードにコンマ1秒差まで迫るスピード決着。
しかし今回もレコードが出た時も良馬場。
阪神ダートは乾いている時の方が時計が出やすい?


1着△ヴァンクルタテヤマ
2着▲ワイルドワンダー
3着  サンライズバッカス
4着  バンブーエール
5着◎シルクビッグタイム
6着  リミットレスビッド
  ・
8着×ラインドライブ
9着○ゼンノパルテノン
  ・
以下略


1着 ヴァンクルタテヤマ
3番手追走から抜け出して追ってきた
ワイルドワンダーを抑えきって先頭でゴール。
このペースを3番手から勝ち切るとはなかなか強い。
前走といい時計勝負には強いのかな?

2着 ワイルドワンダー
力は出しきったが前にいるはずのない馬がいた(笑)
完全な負けパターンと言えばそれまでか。

3着 サンライズバッカス
G?馬の力なめてました(笑)
先々週も同じようなことを言った気がしますが…。
この斤量でこの脚、やはり実力は上位か。

5着 シルクビッグタイム
古馬との初対戦でこの結果は立派…だが、
期待からするともうちょっと頑張ってもらいたかったところ。
これでもまだ距離が長いのかも?

6着 リミットレスビッド
絶好調だったがやはり中央場所では苦戦か。
あとは体重がちょっと重すぎたのかも。
次走マイナス体重で見直し。

8着 ラインドライブ
自分の持ち時計分は走っているので力負けか。
時計がかかるような展開だったら或いは掲示板くらいあったかも。

9着 ゼンノパルテノン
やはり内枠ではだめだった(涙)
情に流されて対抗評価にしたがやはり外枠でこその馬。
しかし勢いを考えたらここまで負けるとは流石に…。


拍手[0回]


荒れることには定評のある七夕賞。
御多分に洩れず今年もしっかり荒れました。
…が、メンバーのレベルがアレだったせいか
気分的にはそれほど荒れたような気がしていません(笑)
まあある種必然的な波乱だったということで。


1着  ミヤビランベリ
2着  ミストラルクルーズ
3着△マイネルキッツ
4着  キャプテンベガ
5着  ヴィータローザ
6着◎カネトシツヨシオー
7着○グラスボンバー
8着▲トウショウヴォイス
  ・
以下略


1着 ミヤビランベリ
やはり展開勝ちな感は否めないか。
荒れた部分とそうでない部分の差がある
今の馬場に助けられたという面も…。
次も馬場が渋れば。

3着 マイネルキッツ
このままローカルハンデ戦を続戦でしょうか?
次も背負わされすぎなければ。

5着 ヴィータローザ
さすがバラ一族…。しぶとい…(笑)

6着 カネトシツヨシオー
騎乗振りが批判されていますが
自分の競馬を貫いた結果なので仕方ないかと。
追い込み馬の宿命ですね。
次人気落ちるようなら買い。

7着 グラスボンバー
近走を考えたらちょっと背負わされすぎたか…。
しかしそれを考えたら復活傾向にあるのは間違いないか。

8着 トウショウヴォイス
4kg差でもグラスボンバーに先着され。
前走に続いてひとつ下の着順…。
まさに目の上のタンコブ(笑)


夏のローカル重賞はこんなレースが続くんでしょうね。
もうちょっと人気薄を積極的に狙ったほうがいいのかも。


拍手[0回]



ユキチャンが競争除外になりいささか拍子抜け。
焦点はサクセスブロッケンがどんな走りを見せるかの一点に。


1着○サクセスブロッケン
2着△スマートファルコン
3着  コラボスフィーダ
4着  ドリームスカイ
5着◎ナンヨーリバー
6着×モエレラッキー
  ・
15着▲イイデケンシン


サクセスブロッケンが快勝。
ダービーの後遺症も全く感じられず、
ダートではモノが違うということを改めて見せ付けました。
2着に3馬身差ということで思い描いていたような
“圧勝”ではありませんでしたが、その後ろは8馬身差開いていますし、
2着馬が予想以上に頑張ったというところでしょうか。

しかしこれで完全にダート馬としての評価が固まってしまった模様。
芝では全く駄目だということを見せてしまっていますし、
今後芝レースに出ることはほぼないでしょうね。
これだけの能力を見せた馬だけに子供にも期待したいですが、
種牡馬としての価値はこの勝利で皮肉にも下がってしまったかも…。
アドマイヤドンのように芝のG?勝てとは言いませんが、
せめてゴールドアリュールのようにダービーで
掲示板に載るくらいはしてほしかったところ。
それくらい走れていればまた評価も違っていたのではないかと。

スマートファルコンが2着に健闘。
さすがに勝ち馬には離されましたが、まさにダ変わりと言える走りを披露。
芝のOPを勝っているとは言え、ここのところずっと苦戦が続いていたので
これで陣営も一安心といったところでしょうか。
これでダートでは4戦2勝2着2回のパーフェクト連対。
秋には意外なダークホースとして注目されているかも。

ナンヨーリバーは5着に惨敗。
このメンバーでこの着順は惨敗と言わざるを得ないでしょう。
楽に逃げていたと思いますし、ペース的にも悪くなかったと思うのですが
直線であっさり交わされたら後は離される一方でしたね。
それでもせめて地方馬2頭には先着してもらいたいところでしたが…。
勝ち馬との力の差は歴然、現状では逆転はほぼ不可能でしょうね。

イイデケンシンは…数日前のモンテクリスエスを髣髴とさせる惨敗(爆)
ドバイ組ではアドマイヤオーラが同じような状況に陥っていますが
あちらは骨折という明白な理由がありますからねえ。
まだ遠征疲れが取れていないのなら立て直しには
相当な時間が必要と見ていいでしょう。
距離が長かったにしても3コーナーまでもたないのは
さすがにそれだけが原因だとは思えませんし。


拍手[0回]



今さらながら…って毎週言ってますね(汗)
先週の重賞回顧を簡単に。


函館スプリントS

1着  キンシャサノキセキ
2着○トウショウカレッジ
3着  キングストレイル
4着▲プレミアムボックス
5着  ゴスホークケン
6着◎スピニングノアール
  ・
以下略

断然人気のキンシャサノキセキ、着差以上の完勝でした。
ゴスホークケンがぶいぶい飛ばしたせいで
完全に差し馬有利の展開になる中で3番手から残るとは…。
ごめんなさい、G?2着の実力をなめてました(笑)
ていうか函館でこのタイム、かなり早いんじゃないですか?

トウショウカレッジ、上がり最速で追い込んできました。
やはり前走は展開が敗因だったかと。見切るのは早計でしたね。
展開が向いたからとも言えなくもないですが、
あそこまで行ったら差してほしかったかなと。
なんとなくこのまま差して届かずのポジションに落ち着きそうな予感(笑)

ゴスホークケン、この距離でも長いようで(笑)
アメリカで行われている400mのレースに参加してはいかが?(爆)
現状ではこの辺が限界のようですね。

スピニングノアール、まさかシンガリ追走とは…。
いくら展開が後ろ向けとはいえこの短い直線でシンガリ一気では…。
まあ終い確実に伸びていますし、これで次人気を落とすようなら狙い目。



ラジオNIKKEI賞

1着  レオマイスター
2着◎ノットアローン
3着○ダイバーシティ
4着△スマートギア
  ・
15着▲モンテクリスエス
  ・
以下略

印を打った3頭が2・3・4着という、ある意味最悪の結果(笑)
勝ったレオマイスターは…ウチパクの好騎乗でしょうか。
人気で勝ったわけではありませんし、秋につながるかは…。

ノットアローン、ハンデが嫌われたとは言え
さすがに6番人気はないのでは…。
別定時代なら楽に勝っていたでしょうねえ。
自分の競馬ができればやっぱり強いです。

ダイバーシティ、土がつきました。
オーソドックスな競馬で僅差の3着。
夏に一回り成長できれば。

スマートギア、最後方一気で1頭だけ次元の違う脚。
でしたが直線の短い福島では…。
やっぱり乗り替わりはマイナスでしたかね。
もっかいユタカで見てみたい。

モンテクリスエス…(涙)
何が原因だったのか分かりませんが、さすがにこれは酷い…。
距離不足?何にしてもじっくり立て直してほしいです。


拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]