忍者ブログ
HOME > 競馬結果の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.02≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1着 ブラックエンブレム
2着 ムードインディゴ
3着 プロヴィナージュ
4着 ブライティアパルス
5着 エフティマイア


…って。


んなもん読めるかー!(ノ゚д゚)ノ 彡┻━┻ ガシャーン !!



3連単が1000万馬券ってどんだけー?
100円でベンツが2台買えまんがなw

しかももうちょっとで、
「2度あることはサンドピアリス」
の再来になるところだったし。


トゥザヴィクトリーとフサイチエアデールが沈んだ時を思い出したよorz




はいはい次次。
来週はいよいよ菊花賞。

いやー、楽しみだなあ←ヤケクソ(爆)



拍手[0回]

PR

続けてダート競争を2つほど。


マイルCS南部杯

1着 ブルーコンコルド
2着 メイショウバトラー
3着 ワイルドワンダー

バトラー、頑張ったんですけどねえ。
流石にこの距離ではブルコンは強いですね。
でも直線では夢を見させてくれましたし、
次に大きな希望が持てる素晴らしい走りでした。
按上もノっているだけあって完璧な騎乗でしたね。
来週からのG?シリーズもこの調子でお願いします。
ブルーコンコルドはここを勝ったことによって
南部杯3連覇&G?7勝目を達成したわけですが…。
どうにもこれまでG?7勝を達成した馬と比べて
格が落ちる感は否めませんねえ。
ルドルフやディープは言わずもがな、オペラオーや
ドンと比べても影、薄いですよね(苦笑)
あ、オペラオーとドンを同格扱いしているのは仕様です(爆)
同じく地方交流G?が中心だったドンですが、
JBC3連覇など、あちらは完全に時代の中心にいた感じがしますし。
曲がりなりにも芝のG?も勝っていますしねえ。
ブルコンにとっての不幸は、これだけG?を勝ちながらも
いつも自分より強い(と思われる)馬がダート戦線にいたということでしょうね。
カネヒキリしかり。ヴァーミリアンしかり。カジノやブロッケンしかり。
まあドンにも晩年はタイムパラドックスという存在が立ちはだかったわけですが、
やっぱりブルコンのとは意味がちょっと違いますからね。



ペルセウスステークス

1着 バンブーエール
2着 ユビキタス

圧倒的人気を背負ったユビキタスですが完敗でしたねえ。
距離とか休み明けとか馬体重とか色々言い訳はあるでしょうが、
トップハンデ馬に捻じ伏せられる形でのこの着差では…。
強いと言われる3歳ダート世代ですが、芝で苦戦が続いているように
上の世代と走ってみると意外とそこまででもなかった…なんてことに
なる可能性もなきにしもあらずですね。
まあカジノドライヴとサクセスブロッケンは文句なしに強いと思いますが…。



拍手[0回]


こんにちは。
今月に入って半月経過しというのに食費娯楽費
その他に1円も使っていないチョルモンです。
節約のことばかり考えすぎ!とよく言われますが、
根が貧乏性なだけに節約せずにはいられないんですよね。
まあ節約すること自体は良いことだと思いますが、
世の中私みたいな人間ばかりになったらお金が
回らなくなって経済が立ち行かなくなるんでしょうねえ(爆)
まあ、何事もほどほどが1番ということなんでしょうね。
何だその締め方!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

気を取り直して先週の重賞の簡単な回顧。



毎日王冠

1着 スーパーホーネット
2着 ウオッカ
3着 アドマイヤフジ

ウオッカ負けてしまいましたねえ…。
馬は良く走りましたし、内容は良かったですから
本番に向けて悲観することは何もないと思います。
…が。按上の重賞勝てない病もここまで来ると…。
それにしても超蜂の大駆けにやられたって、
相手はG?2勝馬で仮にも安田で1番人気だった馬ですよ?
昨年のチョウサンならともかく、大駆けは言いすぎでは?
メジロマックイーンが天春の前哨戦でホワイトストーンに
負けたとしても相手の大駆けにやられたとは…。

・・・言いますね(爆)



京都大賞典

1着 トーホウアラン
2着 アドマイヤモナーク
3着 アイポッパー

アドマイヤジュピタ、スペシャルウィーク以来の衝撃!
でも微妙に離れた2番人気だったんですね。
春にあれだけ圧倒的な能力を見せ付けた馬が
1番人気に支持されなかったあたり、
よほど悲観的な情報が流れていたんでしょうねえ。
天皇賞秋には出てくるんでしょうかねえ。
いくら叩いた変わり身に期待すると言っても
ここまで負けたのを短期間で挽回するのは難しいのでは…。
欲を出さずにJCを目標に切り替えた方が良いと思いますね。
同じく1番人気が圧倒的な成績を収めている阪神大章典も
今年はポップロックが飛びましたし(3着でしたが)、
今年はそういう年なのかもしれませんねえ。
1番人気が堅いと言われるレース、マイルCSなどは
過去のデータを疑ってかかった方がいいかもしれませんね。



この結果、天皇賞秋→古馬王道路線は
ますます混迷の度合いを深めることに。
まあ、今回のレースを見る限りでは
ウオッカは黙って買いだと思いますが。
アドマイヤジュピタはどのレースで復帰しても
その取捨に頭を悩ませることになりそうですね。



拍手[0回]


先週の重賞を簡単に回顧。

…しかしアレですね。自分で書いといて何ですが、
予想も回顧も毎回毎回形式が変わるのが何とも…。
いい加減自分なりのテンプレを作りたいはおもうのですが。
以前の方式でもいいんですけど時間がかかるが…。


スプリンターズS

1着 スリープレスナイト
2着 キンシャサノキセキ
3着 ビービーガルダン

1番人気→岩田→アンカツ という、
ある意味では1番分かりやすい決着(笑)

それにしてもスリープレスナイトは強いですねえ。
ちょっとしたミスが致命傷となるスプリント戦ですし、
前で安定して末脚が使える能力は脅威ですね。
まだまだ年齢的にも先がありますし、
ビリーヴ以来久々の本格派スプリンターの登場かも。

スズカフェニックスは4着でした(T_T)
充分な変わり身は見せましたが前が止まらない
展開ではあそこまでが一杯でしたね…。
キレ味的には現役トップクラスだとは思いますが、
デュランダルと比べると一歩劣るのは否めませんね。
もうちょっと前で競馬しないとこのまま惜敗を
重ねることになるのではないでしょうか。
年齢的にもそろそろ…って感じですし、
何とかもう一度勝利の瞬間を見たいのですが…。



シリウスS

1着 マイネルアワグラス
2着 ワンダースピード
3着 ダークメッセージ

ワンダースピードが直前で何かに差されるのは
予想どおりでしたが、まさかマイネルアワグラスとは…。
前々で競馬すると思っていましたが意外と後ろからでしたね。
前に行った馬は全滅してますしこれは好判断だったと思います。
今回は足をすくわれましたが新味も出て内容的には問題ナシ。
まあこれくらいの相手なら勝ち切ってくれないとという気も
しないではないですが、目標に向けてまずまずのレースでした。

2番人気のドラゴンファイヤーは…。
この展開で5着が精一杯とは厳しいですねえ。
強いと言われた4歳ダート勢、ロングプライドも苦戦してますし
何とか復活してもらいたいですが…って勝ち馬も4歳でしたか(笑)

ユキチャンはまだ牡馬に混じって走るにはちょっと力不足ですかね。
とは言え牝馬限定のダート重賞は地方にしかありませんし…。
中央より地方の砂のほうが合っている感じですし、
地方交流重賞荒らしになるのが一番かも(笑)



札幌2歳S

1着 ロジユニヴァース
2着 イグゼキュティブ
3着 モエレエキスパート

ロジユニヴァース、強かったですねえ。
札幌未経験の不利なデータをモロともせずに
道営の2頭を文字通り捻じ伏せましたね。
レースレベル的にどうか…ですが、
少なくとも去年のオリエンタルロックのような
ことにはならないだけのものはあったでしょう。
過去の新馬勝ち直後にこのレースを勝った馬は
どの馬もG?クラスですし、期待が集まりますね。

PO馬テーオーストームについては別記事で。



今週は伝統のステップレース、毎日王冠と京都大賞典。
格はG?ですがG?と言っても通用するメンツが集まりましたね。
実力馬に順調にスタートを切ってもらいたいものです。



拍手[0回]


週も半ばを過ぎて世間の興味がとっくに
今週のG?へと移っている中で先週の重賞回顧。


神戸新聞杯

1着 ディープスカイ
2着 ブラックシェル
3着 オウケンブルースリ

ここまでガチガチに決まったレースは久しぶりですねえ。
セントライト記念より遥かにレベルの高いメンバーでしたし、
それだけにレベルの差がそのまま表れたようですね。
ディープスカイは菊に出ないようですが、
ブラックシェルはどうやら方針転換して菊に向かうようですね。
レベル差もありますし、距離適性無視しても同世代と戦った方が
勝つ確率は高いと思うのでこの選択は正しいと思いますね。
幸い武豊騎手も3歳戦線は手空き、長距離は大得意ですし、
他に大したメンバーもいませんので勝負になる公算大かと。
3着のオウケンブルースリは菊で狙おうと思っていたんですけどねえ…。
思ったより目立ってしまったので菊でも人気になりそうですし、
正直あまり旨みはなさそうですねえ…。残念。
クラシックホース不在、セントライト記念組はパッとしませんし、
直線の追い込みが評価されたら下手したら1番人気かも…。
まあ騎手込みでブラックシェルがちょい上かもしれませんが。



オールカマー

1着 マツリダゴッホ
2着 キングストレイル
3着 トウショウシロッコ

えー、マツリダゴッホは強かった。いじょっ(爆)
ホント、どんだけ中山の鬼なんだよ、ってねえ。
天皇賞やJCではこの馬の取捨が最大のポイントかも。
切るか抑えるか、ヒジョーに悩みます。
まあ有馬では無条件で買いですが(笑)
キングストレイルは一気の距離延長が
どうかなと思ったんですがよく来ましたねえ。
元々同じ舞台のG?勝っているわけですし、
マイルや短距離よりむしろこっちが本領なのかもしれませんね。



拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]