忍者ブログ
HOME > POG 2008-2009の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さてさて、本格的なトライアル戦線開幕を前にして
すっかりトーンダウンしてしまったチョルモン厩舎。
まあ、シェーンヴァルトがケガさえしなければとりあえず
皐月とダビ、もしかしたらNHKマイルCにも1頭送り込めることは
確定しているのですが、その後が続いてこないのが辛いところ。


そんな落ち目のチョルモン厩舎、今週の出走馬は1頭のみ。
ラターシュが土曜京都ダート1800の500万下平場戦に登場。

昇級戦で2着になった時はすぐにでも勝ち上がれるかと思いましたが、
その後2戦するも不利な外枠と苦手な時計の出る馬場で敗戦。
この馬なりに頑張っていると思いますが、どうにも勝負運に欠ける感じです。
今回は願いが通じたのか待望の内枠を引き当てたわけですが、
昨日からの雨で京都のダートはまたも足抜きのいい馬場に…。
これで4戦連続湿った馬場ということで、これは相当な雨男なのでは?(爆)

ともあれ、今回は内枠で今までと比べれば楽に先行できると思いますし、
内側をロスなく走れれば後は豊富なスタミナで押し切ってくれるのではないかと。
メンバー的にもここ2戦よりは恵まれた感じですし、
勝てないまでもある程度の前進を期待したいものです。

拍手[0回]

PR

さて、先週のPO馬の回顧をば。
新馬勝ちを期待したプルシアンオリーブでしたが、結果は。


3着  プルシアンオリーブ

んー、レースっぷりは良かったんですけどね〜。
折り合いは問題なく、初戦から差す競馬ができましたし、
勝負所で上がっていって最後までしっかり伸びてましたしね。
4コーナーで外に膨らんでしまったロスがあったのと、前2頭が
止まらなかったので届きませんでしたが、内容としては上々、
贔屓目もありますが、先着した2頭より将来性では上だと思いました。

あとは騎手のコメントや戦評にもありましたが、
トビの大きな馬なので重馬場で終始ノメっていたとのこと。
それであの走りですから、良馬場なら?と思ってしまいます。
4着以下は大きく離していますし、今回のレースを見る限り
これでピリッとしてくれば次はほぼ確勝級なのではないかな〜と。
皐月はともかくダービーでは…と思わせる走りでしたね。

次は3月8日の芝2000の未勝利戦?
時期的にもあまりのんびりしていられませんので、
ここはキッチリ勝ち上がってもらいたいですね。



それにしてもウチの指名馬、新馬戦の惜敗多すぎ…。
新馬戦15頭で6勝ってどんなマジックなんだか…(笑)


拍手[0回]


中央競馬の開催も今年は今日が最後。
密かに狙っていたわくわくドキドキPOGの2歳時の1位は
朝日杯で一気に抜かれたことにより残念ながら逃すことに。
昨日のトゥリオンに一縷の望みを託していたのですが、
頑張ってくれたものの3着止まりで、今日の未勝利戦を
プラチナチャリスが勝っても花道さんには届きません。
そんなわけなので、自分的にはここは勝っても
負けてもどちらでも…構うに決まってます、ハイ(爆)
昨日は期待のアドニスラモーサが新馬戦で沈没し、
いよいよ黄色信号が点灯したチョルモン厩舎牝馬路線。
最大の期待馬スマートウェーブは一度入厩したものの
2ヶ月前に放牧に出たまままるっきり行方が掴めませんし、
そもそも指名馬が3頭しかいないわけで、ここは当初の
評判からもプラチナチャリスに頑張ってもらわねば。

期待された前走は放牧明けで前より長い距離を道中引っかかったり
壁が立ちふさがったりで思うような競馬ができず7着敗退。
しかし思ったより着差もつかず、騎手が引っ張るほどの
不利だったことを考えればそこまで気にすることもないのかも。
前回は相手もかなり強力でしたが、今回は上手いこと谷間に
なったのか1・2頭を除けば低調と言っても差し支えないメンバー構成。
こっちも5着→7着ではあまりでかい口を叩くわけには
いきませんが、ここは未勝利を脱出する又とないチャンス。
逆に言えばここは前2走とは違って言い訳のきかない正念場ですね。
ここで馬券圏内にすら来れない様では見通し暗いと言わざるを得ません。
前走も不利がなければどうなっていたか分かりませんし、
とにかく素質は間違いなくある馬ですから、今からでも遅くはないので
前評判に違わぬ走りを、その片鱗だけでも見せてもらいたいですね。
追い切りの動きも良くなって徐々に鋭さも出てきた模様、
叩いて変わり身必至の今回は勝ちきりの場面まで期待です。


拍手[0回]


クラシックの登竜門、ラジオNIKKEI杯2歳S。
チョルモン厩舎からは期待のドラ1馬トゥリオンファーレが登場。
チョルモン厩舎の重賞挑戦はこれで6回目?
これって結構多い方なんですかね?どうなんでしょう。


それはさておき、ラジニケの話。
前評判ではここは怪物候補リーチザクラウンがどんな走りを
見せるかに注目が集まり、ここまでセンス溢れる走りで重賞含めて
2戦2勝のロジユニヴァースがいるにも関わらず一本被りの人気。
トゥリオンファーレはかなり離された7番人気に留まっています。
まあ、時計も大したことないですし仕方がないですけどね。
むしろこれでも人気になっている方だという考え方もできるかと。
大物だというデビュー前の評判がなかったり、地味な血統だったら、
或いは別の厩舎の馬だったら、下手したら50倍ついてもおかしくないですしね。
それが7番人気とは言え20倍台の人気を集めているのは
期待の表れなのだと、ポジティブに受け止めておくことにしましょう(笑)

本音を言うとユタカファンの私としてはここはリーチに無事突破
してもらいたいという気持ちの方が強かったりするんですよね〜。
もちろんトゥリオンにも頑張ってもらいたいですが、こちらはまだ成長途上ですし、
順調に成長してくれさえすればいいので、ここではまだ多くは望みません。
できればリーチが後続を離してブッ千切った!ってところでトゥリオン1頭が
馬群から抜け出して追いかけてくる…なんてのが理想なんですが(笑)
とりあえずここで3着以内に来るようなら成長力加味して考えれば
この先かなり期待できそうな感じ。出世レースだけに2頭の他にもファミリズムや
イグゼキュティブなど相手は揃いましたが、リーチとロジを除けば3番手争いは
横一線ですし、コース経験を生かしての好走を期待したいですね。


拍手[0回]


どうもお久しぶりでございます。
頭が痛くても競馬の時だけは復活するチョルモンです(爆)

いや、別に朝日杯の結果には全然ショックとかなかったんですけどね。
シェーンヴァルトの適性がここにはないというのは分かっていたことですし、
ツルマルも前走を考えたら沈没する可能性は多分にありましたから。
まあ、馬券的にはPO馬に義理立てて2頭を中心に据えていたので
結構ダメージを食らったので痛かったですが、セイウンからの
抑え馬券が当たったのでガミりながらもほぼトントンでしたし、
そういう意味ではほとんどショックとかはなかったですね。あのアタマ差が
なかったらこんなのん気にはしていられなかったでしょうけど(笑)

そういうわけなので、ここ1週間音沙汰なかったのは
嘘から出たマコト君と言いますか、年末で忙しかったのと
週の半ばにホントに風邪を引いてしまったのが原因だったり。
ツルマル、シェーンとも次の予定も決まったようですし、
改めてこれからの活躍に期待したいと思います。


閑話休題。


このところすっかり新馬デビューが止まっているチョルモン厩舎、
約1ヶ月半ぶりに新たなデビューを迎える馬が出てきてくれました。
始めの頃は結構順調にデビューしていただけに、これがまだ9頭め
というのは自分のことながら意外な感じがします。
土曜阪神6R芝マイルの新馬戦にアドニスラモーサが登場。

いつまで経っても馬名登録がされず、注目馬ではないので
情報も全く入らず半分諦めていた時期もあっただけに、
無事デビューを迎えてくれたことは素直に嬉しいですね。
血統とかあまり気にしない私ですが一応1頭くらいはと思い
あまり注目されていなさそうなところから選んだタキオン産駒。
え?タクティクス?あれの獲得は予想外なので気にしないよーに(笑)

再入厩してから1ヶ月足らず、追い切りの全体時計も微妙ですが、
追ってからはしっかりしているようで併せるときっちり先着するようで
どちらかと言うと実戦に行って力を発揮するタイプのようですね。
相手を見渡してもこれ!という大物はいないようですし、
早くから動けるタキオン牝馬、ここは当然期待したいところです。

どうなるかと思われたタクティクス、トライアンフマーチも入厩、
プルシアンオリーブも年明けに再入厩するようですし、1戦しただけで
また放牧に出てしまっていたロスパンチョスもようやく帰ってきました。
スマートウェーブだけは行方が掴めませんが…1度は入厩した馬なので
年が明けた頃には帰って来てくれるでしょう…多分、きっと。
俄かに活気づいて来た上位指名馬たち、思えば主役級の活躍を
期待していたのはこの面々なわけで、よくもまあ飛車角落ちで
この位置に踏みとどまっているなあというのが正直な感想ですね。
2位に落ちちゃった(今週さらに順位を落としそうですが)チョルモン厩舎ですが、
勝負は年明け、まずはアドニスラモーサに反撃の狼煙を上げてもらいたいですね。



拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]