忍者ブログ
HOME > POG 2009-2010の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっちまった…。ポケットキャンディの出走記事落とした…orz

いやー、昨日はツルピタが大敗するし、ドラも大敗するし、楽天も大敗するし…。
あまりにイヤなことばっかりだったので不貞寝…していたわけではありません。
ただちょっとあまりにハードな日程が続いたので自分を労わっていただけです(笑)


まあ、ツルピタは負けたとは言え久々でしたし、次に期待ですね。
ツルマルジャパンの影がチラつかないと言えば嘘になりますけど。
未勝利戦の方の2頭もそれぞれ進境を見せてくれましたし、
初ポイントゲットということで全馬ポイント獲得にも何歩か前進しました。
勝てなくても何らかの収穫が得られるとうれしいものですね。


さて、今週の出走はもう1頭、かえで賞にアーリーデイズが登場。
新馬戦では二の脚早くさっと前につけるセンスを感じさせる走り、
3番手から前を楽に差し切るなかなかの勝ちっぷりでした。
血統的に馴染みがなく、あまり人気にならなさそうですが、
初戦の内容からここでもいい走りを見せてくれるのではないかと。
ファイティングピサやエーシンダックマンなど素質馬が揃いましたが、
むしろマークが薄くなって好都合なんじゃないですかね。
とりあえずゆうまりん厩舎のエーシンダックマンには先着してもらいたいなあ。


拍手[0回]

PR
えー、仮免試験は無事一発で合格しました。
おかげで殺人的スケジュールをこなすことになりバテバテです(涙)

自分ではあんまりミスった感じはなかったんですが、
隣に乗ってる試験官の手が5回くらい動いてたんでどうかなーと
思ったんですが、寄せが甘いところが何ヶ所かあっただけらしく、
その辺は計算して捨てたところなので思い通りいって何よりでした。
まあ、あんまりこういう考え方は好ましくないんでしょうが、
寄りすぎて乗り上げたり接触して落とされるよりはいいですからね。
他は大丈夫だと思っていたので今回は安全策を取りました。
何しろ自分の前に受けたのが運転経験何年もあるベテランで、
全体通して減点1回の準パーフェクトでしたからねえ。
その後ともなれば上手く乗らなければとプレッシャーもかかってくるわけで。

でも自分の後の人が受かったのは…どうなんだろう?
ギアチェンジし忘れて坂道発進をセカンドでやってる時はドキドキでした。
エンジンをメーター振り切るまで吹かせて焦がしちゃいましたから(爆)
それでも受かってるんですから…試験場とは難易度の差にあまりに違いが…ブツブツ




さて、今週のチョルモン厩舎は4頭出しの大攻勢。
いちょうSとかえで賞では2位ゆうまりん厩舎と首位攻防戦があり、
さらに3位aji-sand厩舎とも対戦ということで、ここは落とせない一戦。


まずは土曜出走の2頭。
いちょうSには久々4ヶ月ぶり、ツルマルジュピターが登場です。
圧倒的人気に推された新馬戦、なかなかレベルの高い1戦でしたが、
好位の外目追走からあっさり抜け出し、能力を感じさせる勝ちっぷり。
その後ソエ治療で放牧、新潟2歳Sを目標にするも間に合わず。
デイリー杯復帰も囁かれていましたが、東京のこのレースを復帰戦に選びました。
帰厩後もなかなか早い時計を出さず、完治したか疑問の声も聞かれましたが、
先週の追い切りでは栗東坂路で51秒台を楽々マークして復活をアピールすると、
今週の最終追いきりでも栗東のCWで79.5-63.3-49.1-36.4-12.4(7)一杯 と
2歳馬離れした圧巻の動きを披露。出走態勢は整ったと見て良さそうです。
まあそれでもここは4ヶ月ぶりの休み明け、それに輸送競馬と条件は不利。
一度叩いてからかもしれませんが、期待の持てる追いきりだったのは確かですね。
アーバウィナーやトーセンファントムと強敵が揃っていますが、
力を出せさえすればここでも楽しみはあるのではないでしょうか。



もう1頭、京都の未勝利戦にゴーンハリウッドが登場。
チョルモン厩舎はコンスタントにレースに指名馬を送り込んでますが、
指名馬が未勝利戦に出走するのは実に2ヶ月ぶりだったりします。
何しろ指名馬がなかなか新馬戦で負けてくれないもので…。
って思いっきり自慢してんじゃねえ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
前走は直線スピードに乗ってきたところで前をカットされる痛恨の不利。
あれで降着にならないのは少々納得いきませんが、あれも競馬ってこと、
調教内容から全く期待していませんでしたが、そこそこ走ることが分かりましたし、
今回は一度使った上積みもあると橋口師も自信を深めている模様。
坂での動きは相変わらずですが、スムーズに競馬をできればもしかしたら?
相手も強いのであまり強気にはなれませんが、まずは掲示板目指して。





今日も今日とて朝から晩までビッチリスケジュールが…。
ていうか、いい加減寝ないとマジやばす。競馬なんて見てるヒマこれっぽっちも…(涙)


拍手[0回]

ガリガリくんを買い続けて苦節十数年、何十本も買っているのに
当たったことはなく、当たりバーの存在を疑っていましたが、ついに!
生まれて初めてアイスの当たりバーを拝むことができました。
ガリガリくんじゃなくてホームランバーですけど(爆)


大して長くない免許合宿も折り返し、明日は仮免の試験ということで、
合格すると午後から早速二段階に入って路上に学科とスケジュールびっちり。
落ちれば次の日の再試験までやることもないので自由時間。
やべえ…。めっちゃ落ちたいんですけど…(爆)
アホか!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
うん、でもまあポカさえやらなければ受かると思います。
でも今週は4頭くらい出走馬がいそうな悪寒がするんですよね〜。
受かっちゃうと忙しくなるので出走記事を書ききれるか微妙なところです。
って贅沢言ってんじゃねえ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!



というわけで、今週は(いつもに比べて)早めにPOG出走馬の結果を。
昨年のシェーンヴァルトに続くPO馬による連覇を狙ったデイリー杯2歳S。
2番人気に推されたダノンパッションでしたが、不完全燃焼の競馬で3着でした。

レース内容は特に語ることもないですかねえ。
札幌での競馬は外枠が響きましたが今回は内側の絶好枠。
前日まで絶不調だった按上も直前の3レース続けて好騎乗、
馬体重は減っていたものの好気配で態勢は整ったと思ったのですが…。
まさかの3馬身出遅れ(爆)(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`) ジェットストリームアチャー
その後内側を上手く立ち回って3着まで追い上げましたが、
ゴール手前でエイシンアポロンと脚色が同じになって万事休す。
最後は外を豪快に伸びたリディルに差されて3着入線。

まあ、あの出遅れでよくぞ3着まで追い上げたとは思います。
ただ、1馬身や半馬身の出遅れならともかく、あれだけ致命的な
出遅れとなると、その後いい競馬をしただけに悔いが残りますねえ。
出遅れなくてもリディルには勝てなかったと言う人もいますし、
事実1番強かったのがリディルだったというのに異論はありませんが、
出遅れなしで上手く立ち回っていれば勝つことも不可能でなかったかと。
出遅れ分はその後の好騎乗で取り戻したからプラマイゼロと言っても、
逆に言えばプラスにするチャンスがなくなったということですから。
…なんか出遅れって文字が非常に目につきますが、あれが全てだったということで。


さて、本賞金を稼ぐことができなかったのは残念でしたが、
札幌での走りで半信半疑だった馬の能力には自信が持てました。
まあ、現時点でクラシック云々言えるほどではないですが、
とりあえずOP〜重賞ではどこでも勝負になるのではないでしょうか。
今後も堅実に走ってくれそうで、それはそれで楽しみであります。
次走は黄菊賞ということで、自己条件で必勝を期す模様。
ここで結果を残せばラジニケか朝日杯か。
今後の道を開くためにもここらで何とか賞金を加算してもらいたいですね。



拍手[0回]

さて、先週まで指名馬が3週連続勝利と好調のチョルモン厩舎。
今週、そして来週とOP戦が続くので勢いを持続させたいところですね。
首位を走っていたゆうまりん厩舎にようやく追いついたとは言え、
まだまだ差はわずか、その差を少しでも開いておきたいところです。


というわけで、今週のPOG指名出走馬。
ダノンパッションがデイリー杯2歳Sに出走します。
前走札幌2歳Sでは1番人気に支持されるも4着敗退。
外枠だったせいで外々回らされたというのはあるかもしれませんが、
悪い言い方をするなら、思ったより強くなかったと思うような負け方。
特にジョッキーの感覚ではあの競馬で勝てなかった、
あるいは前を捕まえられなかったのはともかく、
後ろから来た馬にまで差されるとは思っていなかったのでは。
まあその辺はパドックで気性の若いところを見せていたとか、
レース間隔が2ヶ月以上空いてしかも輸送があったとか、
必ずしも実力だけが敗因ではないのかもしれませんが。

今回はまた1ヶ月ちょっと間隔が空きましたが、
前走後も間断なく乗り込んでいましたし、前走よりはいい状態なのでは。
最終追い切りでもCWで6ハロン78.9-64.4-51.6-39.1-12.6を馬なりでマーク。
軽めの仕上げだったようですが自己ベストを更新ということで、
とりあえず態勢は整ったと見て良いのではないでしょうか。
不安点としてはやはり当日の落ち着き、気性がどれくらい成長しているか。
それと遅いレースばかりだったので早い時計勝負についていけるかですね。

僚馬リルダヴァルの戦線離脱で前走と比べても重賞としてはかなり薄い面子、
他で有力視されるのはリディル、ダイワバーバリアン、そしてフローライゼ。
あとはアグネスティンクルやエイシンアポロンがそこそこ人気になりそうな感じ。
前走時の期待度で言えばこのメンバーならあっさり勝ってもらいたいところですが、
不安点も多い今回は成長しているところを見せてもらいたいというのが先ですね。
ダービーはともかく、皐月ならうまく成長すれば勝負になると思うので。
その結果去年のシェーンヴァルトに続いて指名馬での連覇となればと思います。



拍手[0回]

どーも、北の大地よりチョルモンです。
…うん、ごめん、言い過ぎた。
北って言うと北海道って感じがして仕方がないですね(笑)

というわけで、福島遠征中のチョルモンです。
免許の合宿なんて言っても一日の拘束時間はそれほどでもないわけで、
空いた時間は持ち込んだパソコンでネット三昧です。
どっか遊びに行けよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いや、どこか行きたいのはやまやまなんですけどねえ。
教習って言っても時間的に連続してあるわけではないですし、
1時間ずつ飛び飛びなんてーと宿舎に戻るのもめんどくさいくらいで…。
それ以前に3日目にしてすでに腰痛が限界に来ていたりして(爆)
まあ、明日から路上出るまでの数日間は楽になりそうなので
周辺のゲーセンなりボウリング場なりカラオケなり行こうと思ってます。
福島にしかないとこ行けよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

あ、教習の進み具合は至って順調ですのでご心配なく。
つーか、1回合格している過程ですし、親父のスパルタ教育もありましたし(笑)
バック、狭路、踏切その他、既に所内でやれることは全部やったので、
後は規定の時間数クリアするまで中をグルグル回ってるだけですね。
やることがないと教官が嘆いてるくらいです( ̄ー ̄)vニヤリッ
チョーシのんな!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

でも、肝心なところで落ちるのが自分なので、仮免試験や本番でどうなるか…。


閑話休題。

先週はりんどう賞にPOG指名馬2頭が出走。
わくわくドキドキPOG初(なのかな?)の同一厩舎によるワンツーを決めてくれました。

レースはユメノキラメキが先頭で引っ張り、その直後にコルドバが控える展開。
グレナディーンはまずまずのスタートから3番手の外を追走、
ラナンキュラスは少し出遅れ、外からアマファソンを見る形で6番手くらい。
前半の600通過が34.4ということで、まずまず平均ペースの流れ、
3コーナーあたりからラナンキュラスが進出を開始、手ごたえは悪く
騎手は手綱をしごきっぱなし(笑)それでも徐々に前に取り付き、
直線に向いた時は3番手で前2頭を完全に射程圏内に捉え、
同じく前のユメノキラメキを交わしにかかるグレナディーンと叩き合いの様相
…と思いましたが意外とあっさり交わして先頭に立ち、そのままゴール。
最後粘るユメノキラメキを捕らえたグレナディーンが1馬身1/4の差で2着。
勝ちタイムは1分20秒8(良)の2歳タイレコード。


結果ラナンキュラスが勝ったわけですが、どちらかと言うとラナンキュラスより
グレナディーンの方がよほど上手く立ち回っているように見えましたけどねえ。
それだけにラナンキュラスの強さが余計に際立って見えたわけで…。
タイムも早かったですし、心配されていた坂のない内回りも克服、
それも外回って楽々差し切り勝ちですから期待も高まるというものです。
次はファンタジーSから阪神JFという牝馬の王道路線を予定。
カレンナホホエミやステラリードやスズカベラミーと、現時点で牝馬戦線の
実力上位と見られている馬がこぞって出走予定ということで、
この相手に対してどんな競馬を見せるかここがひとつ試金石になりそうですね。
距離適性なんかは相手の方が向いていると思いますが、
外回りなら内回りよりはこの馬に向きそうですし、いい走りを見せてもらいたいです。

グレナディーンは騎手も言ってましたが今回は相手が悪かった感じ。
外枠からソツのないレース運びだったとは思いますが、あっさり交わされてしまいました。
まあ、追い不足の新馬戦を勝って中1週で2着なら上出来なのかもしれませんが。
次はファンタジーSを予定とのことでしたが、相手関係や同厩のカレンナホホエミの存在
などなど、諸事情から同じ週の1200の自己条件を目標にするとのこと。
ここを勝てれば阪神JFに出るということなんでしょうね。
本質的にこの距離は合わないと思いますが、今回そこそこのペースで
先行できましたし、全くついていけないということはないでしょう。
何とかここで結果を出して暮れの大一番に向かってもらいたいものです。




今週はデイリー杯にダノンパッションが登場。
来週出走予定のツルピタやアリデイも調教でいい動きを見せてくれましたし、
ここは勢いを次につなげる結果を期待したいですね。


拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]