忍者ブログ
HOME > > [PR] > 馬&騎手 名コンビ > 馬&騎手 名コンビ 戦前〜1960年代 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.04≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨日の続き?です。
現役騎手で過去に一貫してコンビを組んだ
お手馬がいる騎手は武豊騎手を除くとたったの6人。
全て言えたあなたは偉大なる競馬マニア!
というのが前回までのあらすじでした。
違ウダロ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

そして!藤沢雄二さんが5組まで言い当てました!w(゚ o ゚; )w オオー
さあこの記録を破る勇者は現われるのでしょうか?
解答編しないのかよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
それはまた次の機会に…。(;^_^A

ちなみに武豊騎手は1人で5組、某騎手は2組ありますので、
全部で12組言えたら完全回答パーフェクトとなります(爆)
究極を目指す方、よろしければどうぞ。
そんな暇人いるか!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


というわけで、今回は戦前から1960年代に活躍したコンビを並べてみました。
この辺はコメントしようにもできないので早めに消化してしまおうかと…(爆)
まずは全レースでコンビを組んだ5頭です。(=´ー`)ノどうぞ


拍手[0回]




ワカタカ 主戦:函館孫作
21戦12勝 牡 1932年 主な勝ち鞍:東京優駿 帝室御賞典

ワカタカ…相撲じゃありませんよ、ここは競馬専門ブログです。
どこがじゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いやー名前もさることながら、騎手の名前にも時代を感じますね(笑)
現代なら古くさいとか言われていじめの対象にされそうです。
この馬、初戦の新馬戦は5着に敗れ、その次の新馬戦で
勝ちあがったのですが、その次に選んだのがなんとダービー!
現代なら批判されること間違いなしですが、勝ってしまうのですから驚きです。
しかも1番人気だったというんですから何をかいわんや。
それなのにその次のレース、オールカマーは3番人気…。
…当時のファンは何を基準に馬券を買っていたんでしょうね?


クモハタ 主戦:阿部正太郎
21戦9勝 牡 1939 主な勝ち鞍:東京優駿  

新馬戦が5月20日(2着)→次の新馬戦が5月26日(1着)→
3戦目のダービーが5月28日(爆) なんですか、この鬼ローテは(笑)
もはやウオッカのローテがどうとかとは違う次元の話…。
昔は馬に今ほどスピードがなかったから故障しにくかったとは言え、
この超絶ローテはもはやそんな問題ではないような。
前述のワカタカと違い8番人気だったという事実になぜか安堵感を覚える(笑)
古馬になってからは重賞で少し足りないOP大将になってしまったっぽいです。
それでも帝室御賞典は3着→2着で
ダービー馬の意地は見せているんですから立派です。



クリフジ 主戦騎手:前田長吉
11戦11勝 牝 1943
主な勝ち鞍:東京優駿 阪神優駿牝馬 京都農商省賞典4歳呼馬

昔の競馬に興味のない方でも、
1度くらいはこの馬の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。
ていうか去年ウオッカがダービー勝った時に名前が出てましたね(汗)
11戦全勝、全てが1番人気でのぶっちぎり。
ダービー・オークス・菊花賞の変則3冠達成。
時代が違うと言えばそれまでですが、やっぱりこれは偉業だと思いますね。


トキノミノル 主戦騎手:岩下密政
10戦10勝 牡 1951 主な勝ち鞍:朝日杯 皐月賞 日本ダービー

昔の競馬に興味のない方でも…以下略(爆)
元々はあまり期待されていなかった馬らしいですが、
デビューしてみたら誰もが驚く無敵の連勝劇。
クラシックでのライバル・イッセイとの対決や、皐月賞後の脚部不安、
ダービー前日になっての奇跡の回復、ダービーで感動の勝利、
そのわずか17日後に破傷風で急逝…。
あまりにも有名な悲しい物語ですね。つけられた名は“幻の馬”。
その姿に感動したオーナー、
大映社長・永田雅一は東京競馬場前に銅像を立て、
第二のトキノミノルを探し出すべく以前より競馬に没入し、
その結果破産することになったとか。


クリノハナ 主戦騎手:八木沢勝美
11戦5勝 牡 1952 主な勝ち鞍:皐月賞 日本ダービー 

イカン、書くことが思いつかない…。
えーと…皐月とダービー勝ったんですから強い馬だったと思います。よ?うん。
ダービー後は5戦戦うも勝ち星なし。
セントライト記念の惨敗で結局菊花賞を回避するも、立て直せずそのまま引退。
トキノミノルの次の年だっただけに余計に影が薄くなってしまったのでは?
と思うのですが、どうでしょう。



うーん、戦績眺めるだけでも意外と語れるものですね(笑)
まあ“コンビ”については全然語ってませんが(爆)
では次、1戦のみ他の騎手が乗ったという3組です。(=´ー`)ノどうぞ


セントライト 主戦騎手:小西喜蔵 乗り替わり:阿部正太郎
12戦9勝 牡 1941 主な勝ち鞍:3冠

今なお菊花賞トライアルにその名を残す初代3冠馬ですね。
現在でも3冠には言葉に表せない価値がありますが、
この馬が引退した10年後に走った馬の戦績に
セントライト記念の名があるところを見ますと、初めての3冠達成が
いかに高く評価されたかということが見て取れますね。
皐月賞は新馬戦から2戦目。ダービーは4連闘目。菊花賞は5連闘目(爆)
よくもまあ3冠を取れたと感心してしまいます。
まあ他の馬も同じようなローテだったのかもしれませんが(爆)


トキツカゼ 主戦騎手:佐藤嘉秋 乗り替わり:佐々木猛 
30戦11勝 牝 1947 主な勝ち鞍:皐月賞 オークス 

この馬に関しては戦後すぐということもあってホントデータがないんですよね…。
ダービー馬を生んだということくらいしか知りません…。
えーと、確か「オートキツ」?でしたっけ。
この名前、どういう意味かずっと分からなかったんですが、
今こうして書いてみてやっと分かりました。
「王+トキツ(カゼ)」だったんですね…。長年の謎が解けました(笑)


メイヂヒカリ 主戦:蛯名武五郎 乗り替わり:藤本勝彦
21戦16勝 牡 1952 
主な勝ち鞍:朝日杯 菊花賞 天皇賞(春) 中山グランプリ

この馬は何と言っても中山グランプリ=有馬記念の
初代勝ち馬として有名ですよね。
戦績を見てみると戦前ほどの無茶使いはなくなった模様。
と言っても、3歳時は3月から9月まで半年も
休んでいるにも関わらず、年間で10回走ってますが(爆)
この半年間の休みは何なんでしょうね?
皐月やダービーに出ないくらいですから骨折でもしたのでしょうか。




いやあ、知らない馬について書くのって疲れますねえ。
70年代に入れば知らない馬は1頭だけだったので幾分楽になると思いますが。
では次回。


まだまだ続く(爆)


PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは♪ よしお です。
私をこのブログから排除(駆除?)しようと思って
こんなネタを書いているんでしょうが、そうは問屋が卸しませんよ。
意地でもコメント書いちゃります。(`・ω・´)シャキーン

ワカタカと言えば、兄弟力士で・・・・
って、それは既にボケ済みか・・・。(´・ω・`)ショボン

トキツカゼと言えば、バットで殴って弟子を鍛えた・・・

相撲ボケはもういい!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

クリノハナと言えば、イカ臭い・・・

出入り禁止にするぞ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

やはり無理にコメントを書こうとするといけませんね。
こうなったら対抗してチョルモンさんがついてこれないような
昔の芸能人ネタか、ディープなロ●コンネタを自分のブログに・・・

勝手に書いてろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
よしお URL 2008/06/24(Tue)17:26:31 編集
よしおさん
こんにちは♪
ふっふっふ。バレてしまっては仕方がありませんね。
何がじゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
これを機会によしおさんも昔のお馬さんについて勉強を…。
余計なお世話じゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

元々私という人間はtemporalisさんに近い立場にいる人間なんですよ(笑)
競馬との関わり方について、馬券派とかロマン派とか色々ありますが、
私はと言えば明らかにロマン派に分類される人間なんですね。
ただ、temporalisさんほど思い入れが深いわけではないので、
POGでも割と普通の選び方(爆)をしていますし、
興味を持つ対象もかなり広くなってしまうんですね。
だからまあこれは私の趣味丸出しのものなので、
またビョーキが発動したんだな…程度に思って頂ければよいかと…(笑)
チョルモン URL 2008/06/25(Wed)06:50:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1109
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]