忍者ブログ
HOME > > [PR] > 競馬予想 > 東京優駿(日本ダービー)予想 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


年に一度の競馬の祭典、日本ダービー。
今年も何だかんだでそれなりのメンバーが集まった模様。
少なくとも皐月賞よりは華やかな雰囲気が(笑)


◎ブラックシェル
○マイネルチャールズ
▲サクセスブロッケン
△アドマイヤコマンド
×ショウナンアルバ


◎ブラックシェル
きさらぎ賞で買って外れ、弥生賞で見送って外れ、
皐月賞で買って外れ、NHKマイルCで見送って外れ(爆)
私と最悪の相性のキルクルですが、今度こその意味を込めて◎指名。
ってことはここで外れるのが筋ってことになるんですけどね(汗)
やっぱり何だかんだでここ一番で決めてくれるユタカの手腕に期待。
とにかく混戦模様の今年のクラシック。
中山2000よりは舞台との相性もいいと思いますし、
武豊ここにあり、ってところを見せて欲しいです。

○マイネルチャールズ
中山2000を3連勝して挑んだ皐月賞は追い込んで3着まで。
人気になっていつもどおりの競馬ができなかったのかな?という感じ。
それでも3着に来ることで地力はアピールした格好。
皐月を人気で3着した馬はけっこうダービーを
勝ってますし(スペシャル・ジャンポケ・ギムレット)
人気の落ちるここでこそかな、と。

▲サクセスブロッケン
ダートで圧勝を続ける怪物が急遽路線変更してダービーに参戦。
能力的にはどこからどう見ても抜けていますが、
やはりつきまとうのが初芝だということ。
そしてそれ以上に距離が持つか不安です。
母はどちらかと言うと短距離で活躍した馬ですし、
スタミナに溢れるタイプではないかな、と。
適性が問題なければ圧勝までも、やっぱり半信半疑。
この馬の参戦が混迷ダービーをさらに分からなくさせてる原因だと(笑)

△アドマイヤコマンド
好メンバーの揃った青葉賞を先行抜け出しの王道競馬で快勝。
今回人気のディープスカイに毎日杯で完敗していますが、
当時新馬戦を勝ったばかりだったことを考えれば逆転の余地はあるかと。
既に同じコースを経験しているのは大きなアドバンテージですし、
臨戦過程などを考えても不安要素という面では一番少ない馬だと思います。
まああえて不安要素を探すとすれば、
川田騎手の別馬でのクラシック二冠の場面が想像し難いことくらいでしょうか。

×ショウナンアルバ
期待した皐月賞では凄まじいかかりっぷりを見せて直線で逆噴射(涙)
しかし、気分よく走れればやはり地力は上位の存在かと。
ってそれができなかったから前走は惨敗したんですが(笑)
同父同脚質のブラックエンブレムが同コースのオークスを4着に粘ってますし、
距離的にはあまり問題はないと思います。
力を出し切れるかどうか、ただそれだけだと。


以下他に気になる馬。

ディープスカイ
ローテ的にどうかと思いますし
(ブラックシェル本命じゃないか!というツッコミは受け付けません)、
四位騎手のダービー連覇の図が想像できないかな、と。
という風にいちゃもんつけないととても絞れません(笑)
能力は随一だと思いますが…。

タケミカヅチ
安定して走るもののワンパンチ足りない印象。
今回は皐月よりメンバーが揃ってますし、
あっても掲示板までかな、と。

レインボーペガサス
末脚はなかなか見事。
ですが、やはり展開に左右されるのは如何ともし難いですね。
この馬向けの展開になった場合、
突き抜けるとしたらディープスカイのほうなのでは。

メイショウクオリア
菊花賞で買おうと思っていたらここに出て来てしまいました(笑)
能力的にちょっと見劣りますし、秋に取っておこうとおもいます。

クリスタルウイング
前走はなかなか見所ある走りでした。
よっぽど入れようかとも思ったんですけどねえ。
枠がなくなったので切りましたが、3着まではあると思います。



ある意味…と言うかどの意味でも、
オークスよりさらに難解になって新登場の今年のダービー。
世代の頂点に立つのはどの馬でしょうか。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
それにしてもブラックシェルは勝ち切れませんねえ。
見ていてもどかしいと思いますがこういう馬こそ応援のし甲斐が
あるというものでしょう(笑)
ディープスカイは勝っちゃいましたね、私もさすがに四位騎手の
ダービー連覇は無いと思いましたが・・・・
世代のレベルは置いとくとしてもマイルと2400MのG?を勝つような馬は
相当な能力と認めざるを得ませんね。
菊花賞は3000M、また難解なレースになりそうです。
temporalis URL 2008/06/01(Sun)18:22:59 編集
temporalisさん
直線での手応えを見た時は一瞬夢を見ました(笑)
距離不安を言われながらも3着、よく頑張ってくれたと思います。
武騎手もベストを尽くしたと思いますし、
今回ばかりは素直に相手を褒めるしかないと思います。

ダービー連覇、してしまいましたねえ。
個人的にスペシャルとアドマイヤベガには思い入れがあるので、
想像できなかったとともに、したくなかったと言うのが本音ですが(笑)
来年3連覇は…流石にないですよね…。

菊花賞!
正直全く見えてきませんね。
現時点で適性がありそうな有力候補はマイネルチャールズくらいでしょうか。
今年はこういう年なんだと割り切るしかないかもしれませんね(笑)
チョルモン URL 2008/06/02(Mon)01:28:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1067]  [1066]  [1065]  [1064]  [1063]  [1062]  [1061]  [1060]  [1059]  [1058]  [1057
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2017-2018
0-0-0-0 0P
センテリュオ
0-0-0-0 0P
ダノンマジェスティ
0-0-0-0 0P
シンハラージャ
0-0-0-0 0P
フォックスクリーク
0-0-0-0 0P
タンタフエルサ
0-0-0-0 0P
ラヴアンドバブルズの2015
0-0-0-0 0P
ノーブルスピリット
0-0-0-0 0P
シエラ
0-0-0-0 0P
ダノンパーフェクト
0-0-0-0 0P
ラストクルセイド
0-0-0-0 0P
ギャラッド
0-0-0-0 0P
ストーミーバローズ
0-0-0-0 0P
インヴィジブルワン
0-0-0-0 0P
フィエールマン
0-0-0-0 0P
ウェストブルック
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]