忍者ブログ
HOME > > [PR] > 徒然 > 足利事件の報道について思うこと RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

足利事件の報道について思うところを書いてみました。
見方によっては警察や検察を擁護する文に見えないこともないような…。
ちょっと過激な意見?と言うか、我ながら賛同を得られそうにない内容ですので、
「警察検察は絶対悪だ!擁護すんじゃねえ!菅家さんが気の毒だ!」
というような正義派の方はこの先見ないことをオススメします。
見られた後で不快な気分になられても一切感知しませんので。


※非常に誤解を与えやすい内容ですが、問題視しているのは
警察や検察の姿勢ではなく、マスコミの報道姿勢ですので、
先に進む方はそのことを前提に読んで頂ければと思います。

今某巨大掲示板群に行って元県警幹部の叩かれっぷりを見て
無性に怖くなりましたもので(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル


拍手[0回]



連日ニュースやワイドショーで取り上げられている足利事件。
幼児誘拐殺人事件の容疑者として罪に問われ、
先日冤罪だったことが判明して釈放されるまで、
17年もの間言われなき罪で刑務所暮らしを強いられた
菅家さんの心中は如何ばかりか、察するに余るものがあります。
警察や検察を許せないと言うのも当然ですし、
自分の人生を返せと言うのも尤もなことだと思います。
ただ、とにかく鬱陶しいのが菅家さんとその弁護士をヒーローに
祭り上げて鬼の首でも取ったかのように警察や検察を叩くマスゴミたち。

別に警察や検察のやったことが正しいとは思いませんし、
擁護する気もありません。報道されていることを信じるなら
菅家さんを間違って逮捕した事実もさることながら、
その後の裁判の進め方やその他諸々、自分みたいな素人頭でも
これってどうなの?と思う部分が多数見受けられます。
ただ、だからと言って警察のやったこと全てを否定するのは如何なものかと。

例えば逮捕するために菅家さん宅に乗り込んだ時や取調べの時のこと。
菅家さんが帰宅したところ、いきなり数人に囲まれて暴行を受け、
(本人からすれば心当たりがないため)意味不明なことを言われて連行されたと。
また、12時間を超える長く厳しい取調べに我慢できずに嘘の自供をしたと。
その報道の仕方がいかにも「何もやってない人にこんなことするなんて」
みたいなことをアピールするような形で報道されているんですよね。
まあ、私の穿った見方なのかもしれませんが、少なくとも私にはそう見えました。
でもこれって容疑者相手にする時の対応として別に間違ってないのでは?
家に踏み込むのだって親しい友人宅に遊びに向かったわけじゃないんですよ?
相手は一連の幼女誘拐殺人事件の容疑者、知らない人間が踏み込んできたら
ナイフでも持って襲い掛かってくるなんてことも充分に考えられる危険人物。
そういう前提で容疑者宅に向かっている以上、相手に歯向かう気
をなくさせるために威圧するというのは至極当然のことだと思いますけど。

だから、警察が暴力的だったという部分については問題なかったと思ってます。
当時捜査に関わったという元警察幹部の人も語ってましたが
そもそもそうするのが当たり前の時代だったのだと思いますしね。
上の言い方だと現代では多少マシになっているんでしょうし
こういうことはその時代に限定して語るべきことだと思いますから。
まあその辺は考え方の違いとかありますし、人によっては正義感を
振りかざして「そんなのただの言い訳だ!」とか言い出すんでしょうが、
こういうのって「そういう時代だった」で納得するしかないと思うんですよね。
そんなこと言い出したら江戸時代の“切捨御免”なんかはどうなるんですか?
道歩いていてぶつかって、謝らなかっただけで刀でバッサリって、
現代の常識で言ったらそれこそただの通り魔じゃないですか(笑)
だからって今、それはおかしいなんていくら言っても仕方がないでしょう。
そういうことを事件当時の人間が健在だからと執拗に責めるのは如何なものかと。

それより問題なのはまだ技術として未熟だったDNA鑑定を
証拠として認めたこと、それと逮捕した後の検察の対応でしょう。
前者はDNA鑑定で黒と出たからと逮捕にゴーサインを出したことが
問題なのではなく、それ以前の問題として185人に1人という高確率で
同じ型を持つ人間が存在するというDNA鑑定の証拠能力を認めたこと。
そういう前提があったからこそDNA鑑定を行ったんでしょうし、
もう少し技術が成熟するまで採用するのを見送っていればまた違ったでしょう。
後者についてはあーだこーだ言うより支援者の数が語ってくれるんじゃないですかね。
裁判の過程やその他におかしな部分や腑に落ちない点が一般の人たちの
目からも見えるほど穴がある、杜撰なものだったからこそあれだけの
人たちが行動を起こしたのだと思います。そうでなければ、
例えば松本智津夫被告の無罪を訴える運動なんて聞いたこともないですから(爆)
そういう意味では、遅きに失した感はあるものの、今のこの事態は
起こるべくして起こった警察及び検察の失態と言えるのではないかと。

つーか、マスコミだって逮捕当時は幼児3人を誘拐して殺害した外道、
殺人鬼として週刊誌やら何やらでさんざん叩いたんじゃないですか?
警察の逮捕当時の行動だって警察として当たり前のことをやったとして
それを今叩かれているのだとしたら、マスコミだって同じなのでは?
そりゃまあ、責任の所在を考えたら同じと言うのは言いすぎかもしれませんが、
自分らはおかしなことは何もしてません的な顔してさもそれが当然のように
警察や検察をバッシングするのは色々違うんじゃないかなと思うんですけどね。

まあそんな感じで、マスコミにはいつまでも過去のことばかり流してないで、
今後こういうことが起こらないようにどうするか、そちらの方を考えてもらいたいです。

マスコミはマスコミとして、警察検察には起きてしまったことはどうしようも
ないのですから、一連の事件の再検証と再発防止に向けた対策の構築、
そして当然のことながら被害者への誠意ある謝罪と補償をしてもらいたいものですね。


それにしても警察の開き直りっぷりは異常だよね…。
いくら政治的意図が絡んでいて動きづらいとは言え…。


PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは♪ よしお です。
つまり、状況に応じていけしゃあしゃあと立ち位置を変える
マスコミにむかついているということですね。
マスコミなんていい加減なもので、あまり期待しないことが解決策でしょうか。(^_^;)

ところで切捨御免ですが、別に江戸時代でも、武士が町人をバッサバッサ斬っていた
わけではないようですよ。
実際にそんなことをしたら罪に問われたそうで、そのため滅多にそんなことはなかったようです。
よしお URL 2009/06/07(Sun)00:15:34 編集
よしおさん
こんばんは♪
まあ、マスコミの報道姿勢にむかつくのはニチジョウチャメシゴトですので
いちいちこうやって記事を上げているときりがないので普段は抑えているんですけどね。
今回の件に関しては警察と検察があまりにも分かりやすい悪役になってるせいで、
それを報道…と言うより糾弾しているマスコミがその役割に酔ってるように見えるのが…。

切捨御免!
なるほど〜。と言うか絶対的な身分制度があった江戸時代と言えど
そこまでの権利を認めたら社会が成り立たなくなってしまいますよね。
まあ、その辺は話を進めるために使わせてもらっただけですので、
私の無知に免じてスルーしてやってください(笑)
チョルモン URL 2009/06/07(Sun)00:51:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1502]  [1501]  [1500]  [1499]  [1498]  [1497]  [1496]  [1534]  [1533]  [1532]  [1531
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]