忍者ブログ
HOME > 競馬その他の記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2019.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2019.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ツルマルボーイが種牡馬引退


今年産駒がデビューしたばかりのツルマルボーイですが、
残念ながら種牡馬としては廃用が決まったようです。

うーーーん、血の淘汰は競馬の常識ですし仕方がないのですが、
結果の出る前からクビというのは…ちょっとやるせないですねえ。
でもまあ、今の生産界にはSS系種牡馬は掃いて捨てるほどいますし、
よほど血統的魅力があるかズバ抜けた能力を示していないと
この激しい競争は勝ち抜けないんでしょうねえ。
SSの最初の後継フジキセキはまだまだ
現役…どころか最近は以前にも増して絶好調ですし、
ディープインパクトやダイワメジャー、ハーツクライも種牡馬入り、
現役組にもスズカフェニックスなどがいますし、
今年の3歳G?馬は皆SS系のタキオン産駒。
種牡馬入りしてから種付け数が右肩下がりで一桁しか
牝馬が集まらない状況では致し方なし…でしょうか。

あとは、やはりダンスインザダークの血が
嫌われている部分もあるのかもしれませんね。
これがタキオン産駒だったら今より種付け数も
多少なりとも増えていたでしょうし、
結果を出すチャンスを与えられることなくクビという
ひどい扱いをされることはなかったと思います。
とにかく晩成でPOGでも敬遠されているダンスインザダーク、
ツルマルボーイ自身も4歳で才能が開花した遅咲きでしたし、
悲願のG?勝ちは6歳時の安田記念ですからねえ…。
マイルから長距離までこなした自在性は魅力的でも
クラシックを目指した馬作りが中心の日本の競馬システムと
生産界の思惑に即していないのは明白ですし。

それにしても、SSの孫世代で一人立ちできる
種牡馬はいつになったら表れるんでしょうねえ。
ダイタクリーヴァ、ザッツザプレンティ、ツルマルボーイ、
どの馬も大した活躍馬は出せていませんし、
この流れで行くとデルタブルースも厳しいでしょう。
一族で経営する会社の大黒柱の会長が亡くなり、
トップの椅子を巡ってこれまで会長を支えてきた
有能な伯父や叔父が争っている中に殴りこむ、
大学出たばかりで現場で修行中の孫…みたいな?(笑)
相当型破りでないと屈強な“オトナ”と伍して戦うことは出来ないでしょうねえ。
そういう意味では変則2冠馬ディープスカイがどういう扱いになるか、
それでこの生産界がどっち向きなのかハッキリすると思います。
世代のレベル差は置いておくとして、NHKマイルCとダービーを
圧倒的な末脚で制覇したSS後継馬筆頭のアグネスタキオン産駒。
この馬がダメならどんな成績を残しても見向きもされないでしょうからね。



拍手[0回]

PR


愛オークス、未勝利馬ムーンストーンが制す

ヨーロッパではまた面白いことが起きましたね。
日本でも制度上は実現可能な記録ですが、
現在の出走ラッシュの中では未勝利の身で
トライアルに出走するのはほぼ不可能ですからねえ。
やはりこれは登録料が高くて重賞で馬が集まりにくい
ヨーロッパならではの記録と言えるでしょうね。
それとも日本の状態のほうが世界的に見れば特殊なのでしょうか?

この馬、未勝利戦勝てなかったのに次走重賞挑戦。
それも勝てなかったのに次はオークス挑戦ですか。
日本なら各所から非難轟々バッシングの嵐に
さらされることになるのは確実ですが、
向こうではそういう使い方が普通なのでしょうか?
結果を残したからこうして外国の競馬ファンの目が
届くところにまで出てきたわけで、同じような使われ方で
結果を残せず消えていった馬がたくさんいたのかも。


オブライエン調教師は今年G?13勝目…って、
武豊の独占禁止法違反とかとはスケールが違いますね(笑)


拍手[0回]



今週から新馬戦がスタート!
ということで、いよいよ夏競馬の開幕です。
POG的にも1番盛り上がって来るところですね。

そんなわけで、開幕週から2頭出しでスタートダッシュを
決めようと企んだチョルモン厩舎なのでありますが…。

まさかのマイネルクロッシュ除外…ガ―(゚Д゚;)―ン!!

な、なぜだーっ!!

答え:抽選に外れたから

いやいやしかしそれにしても、
当選率17分の16で外れるっていったい…。
ていうか他にフルゲートになってない新馬戦はあるってのに、
なんでみんな揃いも揃って福島に来るんだー!
千二なら日曜の阪神にもあるのに…ブツブツ…。
と自分勝手なグチを並べてみる(爆)

うーむ、出鼻をくじかれるとはまさにこのことですな。
来週に登録し直したらしいので楽しみが先に伸びたと考えますか…。



そういえば除外と言えばこのニュース。

帝王賞、エイシンロンバードが回避

まあこっちは除外ではなく回避ですが。
帝王賞に登録していたエイシンロンバートが回避したとのこと。
ってことは?補欠1番手にいたロングプライドが出られる!?
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

「ロングプライドとフィフティーワナーが回避〜云々」Σ(゚Д゚)ガーン

トボトボ。。。。。。。。。(へ T_T)へ


まあ出走したらほとんど連闘みたいになっちゃいますから
回避も仕方がないところなんですが…。


今週はおとなしくツルマルジャパンの応援に専念することにします…(T_T)


拍手[0回]


カジノ出走回避か後肢ザ石/ベルモントS

うーん、ここまで順調に来ていたカジノドライヴ、
最後の最後に来てこのニュース…残念ですね。
最終判断は明日の朝するとのことで、
まだ回避が決定したわけではありませんが、
出走に漕ぎつけられたとしても万全とはいかないでしょうねえ。
相手は怪物ビッグブラウン、万全でもどうかという相手だけに
このアクシデントはあまりに痛いですね。

ビッグブラウン側から見れば、不謹慎な言い方をすればラッキーですね。
上手く行くときは何もかもが行くもので、そういう意味ではビッグブラウンに
追い風が吹いているんでしょうかねえ。
3冠制覇には実力だけではなく運も必要だと思いますし、
久しぶりに3冠達成の時が来た、ということなのかもしれませんね。


それにしても本当に残念ですね。
記事のニュアンスを見る限りは出走回避の可能性が高そうですし、
次日本馬にこのようなチャンスが訪れるのはいつの日か。
無敗の3冠がかかる馬がいる中で
4倍台のオッズなんてなかなか出せませんよね。
それだけ期待されていたということですし、
それだけの能力があるのだと思います。

まあこうなってしまった以上、
無理せずに回避して帰ってきたほうが良いのではないかと。
ここで終わる馬ではありませんし、ゆっくり治して秋に備えて欲しいですね。
夢の続きは来年のドバイで!

拍手[0回]


春競馬の最大のイベント、ダービーが終わりました。
そのせいか、なんだか得も言われぬ脱力感に苛まれています(笑)
春のクライマックスを終えて来週から
夏競馬が始まるような、そんな感覚を覚えています。
今週は安田記念が、その後には宝塚記念が控えているのですが、
何だかんだでダービーに力を入れていたせいで、
気分的におまけのついでになってしまっているような感じがします(爆)

メンバーがショボいからわくわくしないとかじゃないんですよ。
安田記念なんてぱっと見でもかなりのメンバーが揃っていますし、
天皇賞(春)やダービーと比べても、メンバーの質だけなら
明らかにコチラの方が上だと思えるくらいです。
でもやっぱり何だか…寂しい?って言うんでしょうかねえ。
祭りの後のような寂しさ、そんな感じがします。

最近のクラシックは形骸化が進んで…とかよく聞きますし、
私もメンバーがなあ…とか思っていたんですが、
何だかんだで盛り上がっていたんだということに
ひょんなことから気付かされました(笑)
やっぱり王道と言えばクラシックですね。


まあそんなこと言っていても、どうせ数日後には
安田記念のことで頭がいっぱいになっているんでしょうけど(爆)
今度こそスズカフェニックス、G?2勝目を挙げられるよう、
気合入れて応援したいと思います。
…と今の状態で言っても空々しいですが、
週末にはきっと気合を入れて応援しているはずです(笑)
うん、多分、きっと、恐らく。


海の向こうではいよいよカジノドライヴが出走する
アメリカ3冠最後のレース、ベルモントSが行なわれますね。
3冠制覇を目指す王者ビッグブラウン相手にどんなレースをするのか。
ユタカが乗らないのはいささか残念ではありますが、
そこはそれと割り切って応援したいと思います。

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
33
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2017-2018
0-0-0-0 0P
センテリュオ
0-0-0-0 0P
ダノンマジェスティ
0-0-0-0 0P
シンハラージャ
0-0-0-0 0P
フォックスクリーク
0-0-0-0 0P
タンタフエルサ
0-0-0-0 0P
ラヴアンドバブルズの2015
0-0-0-0 0P
ノーブルスピリット
0-0-0-0 0P
シエラ
0-0-0-0 0P
ダノンパーフェクト
0-0-0-0 0P
ラストクルセイド
0-0-0-0 0P
ギャラッド
0-0-0-0 0P
ストーミーバローズ
0-0-0-0 0P
インヴィジブルワン
0-0-0-0 0P
フィエールマン
0-0-0-0 0P
ウェストブルック
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]