忍者ブログ
HOME > > [PR] > 競馬その他 > ディープスカイについて考える RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.10≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日はいよいよ天皇賞、その名に相応しい豪華なメンバーが揃い
とても楽しみです。ゲートが開くのが待ち遠しいですね。

下馬評では歴代でもトップレベルと目される牝馬2騎、
ダイワスカーレットとウオッカに、3歳最強馬
ディープスカイの3強に、復活なったドリームジャーニーや
アサクサキングスといったG?馬が脇を固めるといった様相。
オッズも3強が上位を占め、それ以外は単勝倍率2ケタとなっています。

そんなわけで3強対決となった今回の天皇賞ですが、
そうすんなり無風のまま終わることはないのではないかと思っています。
競馬史上戦前から3強対決と謳われたレースは相当数ありますが、
すんなり3頭そのままで決着したレースはそれほど多くはありません。
パッと思い出すだけでもマーチスとセイウンスカイの皐月賞、
ロングエース、ウイニングチケット、アドマイヤベガのダービー、
それにマヤノトップガン、スペシャルウィークの天皇賞くらいで、
戦前の「この3頭で決まり!」という空気とは裏腹に
かなりの確率で“一角崩し”が起こっていると言えます。
昨年の桜花賞や秋華賞などは記憶に新しいところですね。

そこで今回の3強、ウオッカ、ダイワスカーレット、ディープスカイ。
ウオッカとダイワスカーレットの強さは今さら言うまでもないことでしょう。
力を出せさえすればともに馬券圏内を外すということはないと思います。
ダイワスカーレットの体調面が不安視されているようですので
ここが崩れるということもあるかもしれませんが、他2頭と比べても
能力面ではピカイチなのでそれすら何とかしてしまうかもしれませんね。
問題は牝馬2頭以外、3強最後の1頭、ディープスカイです。
NHKマイルCとダービーを制し、秋緒戦も神戸新聞杯を快勝ということで、
世代最強馬という評価は揺ぎのないものになっています。
体調面も問題なくここでも充分勝ち負け…て言うかこの馬が勝ち負け
できなけりゃ3歳世代に古馬に通用する馬他におりまへんがな。
…というのが世間での一般的なディープスカイの評価だと思います。
しかし、“世代最強馬”なんていかにも強そうな称号をつけられても、
そんなもの他の世代との戦いでは何の役にも立たないもの。
ダービーでは史上に残るハナ差の激闘を繰り広げ、
菊花賞では差のない1・2番人気を分け合い、世代の代表として
JCに参戦したエアシャカールとアグネスフライトが3・4番人気に
支持されながら後ろから3番目と4番目に終わったように、
3歳馬にとって古馬の壁というものは想像以上に厚いもののようです。
果たしてディープスカイは買えるのか?ということを
自分なりの方法=過去の実在馬との比較で考えてみようと思います。

過去にどれだけの3歳馬が天皇賞に出走したのかは分かりませんが、
3歳最強馬、或いはトップレベルの馬として出走した例はそう多くありません。
89年オグリキャップ、95年ジェニュイン、97年バブルガムフェロー、
それに02年シンボリクリスエスと06年アドマイヤムーンといったところ。
ダイワメジャーも出走していますがノド鳴りで体調が万全ではなかったので
いかに皐月賞馬と言えどその時はトップレベルとは言えない状態でした。
いずれ劣らぬ名馬たち、G?を複数回勝利している馬ばかりで、古馬を
相手に激走を見せ、全馬が複勝圏内に食い込むという活躍を見せています。
このことから分かるのは、距離適性重視ということもそうですが、
適距離なら古馬相手でも充分勝負になるという計算があったからこそ
天皇賞を選んだのではないかということですね(除くオグリキャップ)。
それならディープスカイも通用するのではないか?とも思いますが、
そうは問屋が卸さないんじゃないかと思う次第でして。

とりあえず上に挙げた馬の当時の状況を順に見て行きましょう。

まずオグリキャップ。言わずと知れた昭和の最後を飾った芦毛対決。
オグリキャップとタマモクロス。共に無敵の強さで重賞連勝記録を
伸ばしていた2頭が頂点を決める場でぶつかった、文字通りの頂上決戦。
タマモクロスが意表をつく先行策でオグリを完封したわけですが、オグリも
レジェンドテイオー以下、タマモクロス以外の古馬には楽に先着しています。
前哨戦の毎日王冠でダイナアクトレスやシリウスシンボリなど
古馬の2番手グループを蹴散らして天皇賞に挑んでいたのですから、
ニッポーテイオーが既に引退していなくなっていたこともあり、
タマモクロス以外の古馬との勝負付けは既に済んでいたというわけですね。
そういう意味ではこの結果は前哨戦からも順当と言え、
力関係が分かっていたという意味で今回の例とはちょっと違うようです。
まあこの馬の場合、身も蓋もない言い方をすれば「だってオグリだし」の
一言で全ての説明がついてしまうのですが(爆)

その次はジェニュイン、サンデーサイレンスのファーストクロップの年ですね。
ナリタブライアンの復帰戦でしたがブライアンは直線で伸びず12着惨敗。
ジェニュインは2番手から粘りこみを図りましたがゴール直前で
外から追い込んできたサクラチトセオーに差されてハナ差の2着に惜敗しました。
このレースでジェニュインの好走要因はズバリ、メンバーが低レベルだったから。
いやブライアンにサクラチトセオーだぞ、どこが低レベルなんじゃい!
なんて声がそこかしこから聞こえてくるようですが、サクラチトセオーは
今振り返れば強い馬だったと言えるかもしれませんが、当時天皇賞を
迎えた時点ではG?では強いがG?では少し足りない馬という評価でした。
実質的にG?レベルと目されていたのは体調が万全ではないブライアンのみ。
何しろ夏のローカルで活躍して来た牝馬のアイリッシュダンスがユタカ人気が
あったとは言え差のない3番人気に支持されているくらいですから
いかにメンバーが足りなかったか分かろうというものです。

お次はジェニュインの翌年、バブルガムフェローが
3歳馬として初めて天皇賞を制覇するという快挙を達成しました。
この年はメンバーが豪華で、翌年の春まで3強として死闘を繰り広げる
サクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデーが揃い踏み。
しかし、バブルガムフェローはオールカマーでずっこけたマヤノトップガンを
抑えて3番人気と、人気の面でも既に一角を崩すほど期待されていました。
結局先行抜け出しのこの馬の競馬で快勝、快挙達成となったわけですね。
元々SS四天王の中でもトップと目されていた馬ですし、骨折休養明け古馬と
初対決となった毎日王冠で3着(日本馬の中では2着)と好走していたわけで、
叩いた上がり目を考えれば勝負になったというのも分かりますね。
サクラローレルのノリちゃんの乗り方が後ろからすぎたーとか言っても
それはそれ、翌年も同じ路線で好走しているわけですし、
馬自身に力があったということは間違いないでしょう。

シンボリクリスエスの年は抜けた馬がおらず混戦模様。
牝馬のテイエムオーシャンが1番人気、6番人気までが単勝倍率1桁ですから
客観的に見てもどの馬が勝つか分からないという状況でした。
それもオーシャンにナリタトップロード、サンライズペガサス、エアシャカール、
エイシンプレストンと“日本の”古馬G?では微妙に足りない馬ばかり(爆)
タニノギムレットが引退し、神戸新聞杯で皐月賞馬ノーリーズンを蹴散らして
同世代との勝負付けが済んだと見た陣営も充分勝負になると見たのでしょうね。

昨年引退したばかりでまだ記憶に新しいアドマイヤムーン。
前哨戦に古馬戦を使ったと言う点以外はクリスエスの時に似ていますね。
牝馬のスイープトウショウが1番人気、5番人気までが単勝1桁の混戦模様。
その中で2番人気に支持されて3着だったわけですが、
札幌記念の対戦相手が例年と比べてちょっとレベル的に低かったため
ユタカ人気がなければもうちょっと人気は下がっていたでしょうね。
勝てはしなかったものの相手は後のG?5勝馬ダイワメジャーですし、
その他の人気馬には先着して力はアピールできたと思います。
暮れには香港に遠征して女傑プライド相手に僅差の2着、
以後世界に羽ばたいて堂々たる実績を積み上げて行ったわけですね。

では、この馬を物差しにしてディープスカイについて考えてみたいと思います。
アドマイヤムーンに勝ったダイワメジャーと今回人気のダイワスカーレット、
兄妹なのは誰も知っていることですが、脚質もほぼ同じ先行抜け出しです。
さてどちらが強いかと問われれば、メジャーのG?5勝の実績に
敬意を表しつつもダイワスカーレットと答える人がほとんどだと思います。
この時点でディープスカイはより厳しい状況に置かれていると考えられます。
で、ムーンとディープスカイの比較ですが、まず古馬と対決済みだったという点で
アドマイヤムーンのほうがより良い状況で天皇賞に臨んだと考えられます。
また、ダービーが終わって間もない時点でムーンは天皇賞を目標に
することを明らかにしてましたが、ディープスカイは前哨戦を終えて
しばらくしてから菊花賞ではなく天皇賞に参戦することを決めました。
これも早くに目標を定めて札幌記念から天皇賞に向かった
アドマイムーンのローテや考え方の方が好感が持てると思います。
また、暮れの香港や翌年の活躍を見ても分かるように、3歳春よりも秋に
なってからのほうが好成績、つまり成長力があったと言えると思います。
ディープスカイに成長力がないとは言いませんが、先行して詰め寄られる
という神戸新聞杯のレースぶりはちょっと不満の残るものだったと思います。
また、戦ってきた世代全体が、ムーンの世代は強かったというのも見逃せません。
そもそもこの暮れにディープスカイが香港に遠征して健闘できるかと
考えた場合、ちょっと疑問符がつく人がほとんどなのではないでしょうか。
そのアドマイヤムーンでさえ後方から3着に追い込むのが精一杯。
そう考えるとディープスカイが勝つのは相当厳しいのではと思うわけですが…。

まあ、結論ありきの考察になっている感は否めませんが、
少なくとも今のオッズは人気しすぎなのではないかと思うんですけどねえ。
オッズ的にもドリームジャーニーの方がよほど魅力があると思うのですが…。
はてさて、結末やいかに。


拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1点だけ大いに異議あり!(笑)
ディープスカイに関しては概ね同意できますね。やはりこかに挑戦してきた3歳馬は既に古馬との対戦経験のある馬ですものね。
ところでジェニュインの2着の年だけは大いに異議ありです。アイリッシュダンスが3番人気が低レベル?そんなバカな。
その時は武豊騎乗で必要以上に人気になっていた点はありますが、その前走のオールカマーでヒシアマゾンを追い詰めた(というか当時の鞍上の橋本広があろうことかヒシアマゾンに馬体を併せたのが敗因で、内外を離していれば差し切っていた)こともあって、この時のボルテージはtemporalisさんの比ではなかったのですから(爆)それに繁殖としてもハーツクライを送り出したのですから、それ込みでも低レベルという点だけは同意できません(笑)
さあもうすぐ発走です。結果が楽しみですね。
藤沢雄二 URL 2008/11/02(Sun)14:52:59 編集
藤沢雄二さん
こんにちは♪
返信が遅れてしまい申し訳ないです(>_<)
天皇賞、素晴らしいレースでしたねえ。
楽しみに待っていた甲斐があったというものです。
おかげでこの後のG?レースが色褪せて見えやしないか心配ですが(笑)

ディープスカイ!
うーん、世代間のレベル差を考慮して完全に切ったのですが、
過去の名馬たちと同じく馬券圏内に来てしまいましたねえ…。
もうちょっとカンパニーが頑張ってくれれば良かったのですが…(爆)
まあ例えカンパニーが差していたとしても、内容的に通用した
ということは認めざるを得ないので気休め程度にしかならないのですが(笑)
逆に言えば、3歳最強馬(orトップレベルの馬)が秋天に出てきたら
黙って買い!ということが傾向から言えるかもしれませんね。
来年出てきたらとりあえず抑えだけでも買っておくことにします(笑)

アイリッシュダンス!
実は書きながら、こんなこと書いたらトニービン好きのあの人から
苦情が来たりしないかな〜なんて思っていたのですが…(笑)
あ、でも同じトニービン産駒でもサクラチトセオーを
G?レベル扱いしたことはスルーなんですね(爆)
それだけアイリッシュダンスに思い入れがあったということなんですねえ。
まあ、リアルタイムで激烈応援されていた方からすれば、
“この小僧何も知らねえでふざけたことほざきやがる!”
みたいな心境になるかもしれませんが、所詮小僧の戯言と
寛大な心でスルーしてやって頂けませんか(笑)
チョルモン URL 2008/11/04(Tue)15:56:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1265]  [1264]  [1263]  [1262]  [1261]  [1260]  [1259]  [1258]  [1257]  [1256]  [1255
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2017-2018
0-0-0-0 0P
センテリュオ
0-0-0-0 0P
ダノンマジェスティ
0-0-0-0 0P
シンハラージャ
0-0-0-0 0P
フォックスクリーク
0-0-0-0 0P
タンタフエルサ
0-0-0-0 0P
ラヴアンドバブルズの2015
0-0-0-0 0P
ノーブルスピリット
0-0-0-0 0P
シエラ
0-0-0-0 0P
ダノンパーフェクト
0-0-0-0 0P
ラストクルセイド
0-0-0-0 0P
ギャラッド
0-0-0-0 0P
ストーミーバローズ
0-0-0-0 0P
インヴィジブルワン
0-0-0-0 0P
フィエールマン
0-0-0-0 0P
ウェストブルック
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]