忍者ブログ
HOME > テニスの記事 RSS   Admin NewEntry Comment
競馬やら野球やらフフホトでの生活やら適当に書いてます。POGの話題が中心です。
  • 2017.02≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


個人的にはこのあたり、3回戦から4回戦の、10~20シードあたりの潰し合いが1番好きだったりして。
実力が拮抗しているので、熱い試合が多いんですよね~。ビッグ4同士の試合とはまた違った趣がグッド。

そんな3回戦ですが、ベルディヒとケビン、シモンとワウリンカ、ベルダスコとセッピの試合がフルセットに。
フルセットマニアの自分には非常においしい日でした。中でもシモンとワウリンカの試合が面白かったかな。
昨日の泥仕合がまさしく“泥仕合”だったのに対して、こちらは正当なとでも言うんですかね。拮抗したいい試合でした。
惜しむらくは途中でシモンのスタミナが切れたことですかねー。第4ゲームに入るまでにタイブレ2回ありましたし、
最後の方は止まってましたね。それまで競っていただけに最後ちょっとアッサリ気味だったのは残念でした。

ランク一桁陣は皆順当勝ち。中でも魔王ジョコビッチがエグすぎましたね。相手がちょっと可哀相になるくらい。
開始直後の第1ゲームでブレポまでいったのかな?それが最後の見せ場になろうとは・・・思った人結構いそうですけど。
さておき、ちょっと前に見たナダルが意外とよくなかったので、これならジョコ勝てるんじゃね?と思いましたが、
そう見えるだけでナダルの方もまた調子上げてくるんでしょうね。伊達に赤土の魔神なんて言われてるわけじゃないですし。
ツォンガは最近調子よくなかったようですが、ここはきっちり勝ち上がってきてますね。今やったらフェデに勝てそうな気がする。
そのフェデラーは・・・。実力の違いで勝ってますが、正直期待薄ですね~。フェレールやデルポならまぁ・・・って感じ。
ツォンガやマレー相手だともう安心して見れなさそう。ジョコとナダルは完全諦め。少しでもいい試合になることを願うだけ、みたいな。
他のサーフェイスならともかくクレーじゃなぁ。せめて3セットマッチならやりようもあるんでしょうけど。

そういや男子ばっかり見てたら女子がよく分からんことになってしまいました。おっと、個人的イチオシのストーサーが勝ってる。
相手もペトロワってことで、ちょっと見たかったですね。つーかしばらく見ないうちにランキングが随分とカオスになってる・・・。
3位ラドワンスカっていつの間に。しかも負けてるし。トップツーのアザレンカとシャラポンは今季好調だったから分かるけど、
去年まで1位だったデンマークの壁(笑)ことニアッキさんはどこへ・・・え?9位?いやいや、1位だった時もおかしいとは思ってたけど、
だからといってそこまで下がると、それはそれでおかしいような。やっぱこのランキング制度変えた方がいい気がするんですけどねぇ。
なんて考えながら画面を見てたら、アザレンカとウォズニアッキだと?これは是非とも見なくては!と盛り上がったんですけど。
ニアッキさん・・・。ちょっと見ない間に随分太ましくなられて・・・ていうか別人でした。カナダの方のニアクさんですね。
ここまで紛らわしい名前もそうないよなぁ。・・・まぁ、3回戦であの二人がぶつかるわけないんですけどね。
ちなみに試合は途中まで見て消しました。アザレンカの叫び声が耳に障って我慢できなくなったので。
マジでシャラポンとこの二人規制してくれんかね。プレーは嫌いじゃないのに叫び声のせいで嫌いな選手ワースト2ですわ。


拍手[0回]

PR

というわけで、我らがイズナーさんがまたやってくれましたね(笑)

地元フランスのマテューとの試合はフルセットにもつれ込んだ・・・いやまぁイズナーからすると通常運転ですけど。
そして最終セットはイズナーの試合ではもはや見慣れたキープ合戦でなかなか決着がつかず、このセットだけで2時間半という死闘に。
いや、イズナーがあんまり動き回らないんで、スコアの割りに死闘って感じはしなかったんですけどね。
最後はそれまでかかった時間を考えると、見た目の上では至極あっさりとマテューがブレークして18-16でついにこのセットを奪取しました。

この試合がここまで長引いたせいで、この後行われる予定だったシャラポワと森田の試合は順延に。
森田はせっかくセンターコートで試合ができる機会だったのにねぇ。順延となればセンターは無理でしょうし、ちと可哀相でした。
こんな風になるからタイブレ制にしろという人もいますが、個人的にはこっちの方が好きなのでそれはご勘弁を。
ただ、日程詰まってる中でイズナーの試合をセンターで組むなという意見には同意せざるを得ないですね(笑)

つーか、ストロークが苦手なビッグサーバーゆえですが、こうした試合は今後も確実にありますよね。
まぁ泥仕合大好きな自分はイズナー大好きなんですが、そうじゃない人からするとたまらんだろうなぁ。
決してサーブが強力ではないマテューのサーブをいつまでたってもブレークできず、サービスゲームはガッチリキープですからね。
今日の試合も途中でマテューの3MPと2MPがあったのに、こういう時に限って鬼畜サーブがバンバン決まるという、
マテューは良く折れなかったと思いますわ。最後勝負が決まった時も2MPの2つ目で決めましたが、
見てる人誰も終わると思ってなかったし。ハイハイワロスワラス、どうせまたエースで凌ぐんでしょ?ぬか喜びさせんな。もう騙されん。みたいな(笑)
それにしても、イズナーもあのサーブがあるんだからもうちょっと決定力があれば・・・。

試合時間的には全仏の最長試合を超えていませんが、ゲーム数的には超えたんでしたっけ?
これで例のウィンブルドンに続いてということで、こうなったら目指すはグラスラ制覇ですね(笑)
立ちはだかる壁はなかなか高いですが、大丈夫!イズナーならできる!



拍手[0回]


フェデラーファンとしてはもはやトラウマしかない赤土の季節が!
いや、テレビつけたらWTAのイタリア国際の決勝やってましてね。ああ、今年もこの季節が来てしまったか、と。

そんな風に思ってしまうのは、言うまでもなくあの土魔神のせいなのでありますが。
去年ジョコに全くと言っていいほど勝てなかったナダルですが、先日は決勝でジョコを一蹴してましたね。
昨日のフェレール戦も徐々に調子上げて第2セットはベーグルですよ。何なのこの人。
まぁフェデラーは準決でジョコに負けたんですけどね。ボコられるとこ見るのは本番だけで勘弁してもらいたいので、
これはこれでいっか・・・なんて考えたりしているという、これぞ敗者のメンタリティ(笑)


あ、決勝はなかなかの熱戦の末シャラポワがリ・ナを破りました。
シャラポワは初めて四大勝ってブレークしてから順位落とした時そのまま消えていくと思ったんですけどねぇ。
今年はかなり調子がいいようで、大会出るたびにアザレンカと優勝争ってますね。
二人とも好きじゃない自分としてはあまり嬉しくない傾向ですけど。だってうるさいんだもん、あの二人(笑)
黙ってやれとは言わないけど、もうちょっと常識的なボリュームに落としていただきたいです。

リ・ナは今年あまり調子良くはないようですが、今大会決勝まで上がってきたわけですし、
決勝もまずまずいいプレーだったと思います。これは本番に向けて調子を上げてくるかもしれません。
あとは、去年全仏決勝でスキアボーネを圧倒した内容を考えるとクレーが合ってるのかもしれませんね。
ただ、詰めが甘いのは相変わらずで、この試合も1セット目を取って、2セット目も4-0までいきながらの逆転負け。
その流れを引きずって3セット目も先にブレークされる苦しい展開で、最後はタイブレで力尽きました。
逆にシャラポワはリードされると脆いイメージがあったので、あそこから逆転したのにはビックリしました。
相変わらず女子テニスは群雄割拠で確たる軸がいない状態なので、この二人にも十分チャンスはありそうですね。



拍手[0回]


というわけで、テニス好きとしてはこのニュースにも触れないわけにはいかんでしょう。
この試合やってた時ってちょうど香川ドル-長谷部ヴォルフスの試合やってたので、そっち見てたんですけどね。
長谷部はスタベンで、結局最後まで出てこなかったんですが、香川がいつにも増してキレッキレでして。
結局この試合香川は1ゴール2アシストを記録したわけですが、他にも味方が外した決定的なラストパスなんかもいくつかあったり、
絶妙なタイミングで抜け出したりと、下手したらハットもあったんではないかというくらい素晴らしい出来でした。
シーズン開始当初はなかなかゴールが決まらず、ここに来て徐々に復調気配ではあったものの、
実力に疑問符をつける見方もちらほら見えてる中で、これはいいアピールになったのではないでしょうか。


って、なんか気がついたら錦織じゃなくて香川の話ばっかりになってますが(笑)
とりあえず、ランキング1位の選手を破ったというのは日本男子テニス界にとってこれ以上ない福音でしょう。
なんか、グラスラじゃなきゃ勝っても意味ない、みたいな声もちらっと聞こえたんですが、
そりゃあ4大のどこかで勝てたらそれはそれで最高ですが、最高ランクの大会ではないとは言え、快挙には違いないわけで。
そもそもスイスインドアは500シリーズのうちのひとつで、グラスラ、ファイナル、マスターズに次ぐ格を持つ大会。
今大会だって4強のうち3人が参加していたんですから、ジョコに勝った云々を置いておいても、
そんな大会で決勝に進んだというのは、それだけでも素晴らしいことだと思います。
まぁ、ジョコが肩怪我していたから勝てたというのはあると思いますし、怪我がなければ
さすがにジョコが焼かれるなんてあり得なかったと思いますが、それも2セット目を落としてたら叶わなかったわけで、
あそこで競り勝ったというのは今後に向けて大きな自信につながるのではないでしょうか。
残念ながらフェデラーには歯が立たず、優勝はなりませんでしたが、前々から言われている通り
ポテンシャルは素晴らしいものがあると思うので、とにかく来年は怪我を減らして飛躍の年にしてもらいたいですね。
そういやジョコ戦でもファーストは46パーでしたっけ?トップレベル相手にこれでは少々厳しいものがありますね。
これがせめて60以上になると安定してキープできるようになると思いますし、さらに上を目指せると思います。


拍手[0回]


今度こそあのにっくき魔王を倒して王者が完全復活する!


・・・そう思ってた時代が自分にもありました・・・orz



まぁそんなわけで、〝いつもの2人の決勝〟ではなくなって久しい2人の決勝は、例によってナダルに軍配が上がりました(-ω-;)ウーン
準決勝のジョコ戦が本当に素晴らしい試合で、初戦からの危なげない戦いぶりも相まって、今度こその期待はあったんですけどねぇ。
特にナダル戦も立ち上がりは本当に素晴らしい出来で、まだナダルにエンジンがかかってなかった分を差し引いても全盛期を超えるんじゃと
思わせるようなプレーで圧倒してましたから、こいつぁいける!と思ったんですが・・・その第1セットを最終的に落としてしまったのが痛かった。
その後ナダルが調子を上げて来たとは言え、今回のナダルは魔王ではあっても魔神ではないくらいの出来に見えましたから(笑)
というか、正直ラリーとか見ててもジョコの方がよっぽど手ごわそうに見えましたけどね。あのあからさまなバック攻めがな~。
んでも第2セットも取れる雰囲気が全くなかったとはいえタイブレまで持ち込みましたし、第3セットは取ったんですから、
返す返すも1セット目落としたのが悔やまれますね。体力勝負になった時ナダルの方が有利っぽいことも含めて。

あー、ホント、勝つチャンスはあったと思われるだけに残念で仕方ありません。年齢的にももうそうチャンスはないでしょうし。
とにかくエラーがな~。エラーがナダルの倍以上ですからねぇ・・・。エラー数が同じくらいなら勝ってただろうにな~。
いや、言っても仕方ないことは理解してますが、大事なとこで出る凡ミス連発を見てるとそう思わざるを得ないです。
まぁ、それがクレーの戦いってことなんでしょうが、数年前のフルボッコされたみたいなの方がまだ諦めつくって言うか(笑)



ん?女子?
あー、中国(アジア)勢初のグラスラ制覇おめでとう(棒)

いやだって、今の女子ってメンツ的に全く魅力を感じないんですもん。
せめてあの姉妹とエナンがいれば違ったんでしょうが、第4シードがアザレンカじゃねぇ(ファンの方ごめんなさい)
決勝はリナーと・・・誰だったっけ。見てたのに名前忘れちゃった。去年の覇者だったと思うんだけど・・・。


・・・・・・・・・(思い出し中)。


そうだ思い出した、スキアボーネだ(ホントはググっただけ)。

んで、スキアボーネ応援してたのに負けちゃったしね~。
まぁ日本人の多くはアジアへの帰属意識が低いですし?自分もご多分に漏れずそのクチなので、
アジア人初の優勝なんてんで中国人を応援する気なんて全く起こらず・・・つーか中国好きじゃないし。
ていうか、やっぱ先越されるの悔しいじゃないですか(笑)そんなわけで相手の方応援してたんですけどね。

それと、現実的な問題として、準々決勝あたりからリナーの特集番組が増えてきて、見られるはずだった番組が見れなくなって鬱陶しかったんですよね。
準決のあとなんかお祭り騒ぎで何度も勝ったシーンが流れるし、決勝前も始まる数時間前からずっと特集番組やってるし・・・うぜぇ。
これで勝たれた日にはマジで1日中この手のものが流れるのかと思うと、どうやっても負けてもらわないと、なんて考えたりして(笑)
ま、残念ながら勝ってしまったわけですが、その後テレビ番組がどうなったのかは試合後丸1日テレビを消していたので分かりません(爆)


それにしても、日本から単でグラスラ勝つ選手が出る日は来るんですかね~。現状ではかなーり厳しそうですけど。



拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/28 チョルモン]
[05/27 NONAME]
[05/26 チョルモン]
[05/26 childsview]
[05/24 NONAME]
プロフィール
HN:
チョルモン
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1986/02/07
趣味:
競馬 野球 ビリヤード ボウリング テニス サッカー観戦 ゲーム 漫画 音楽鑑賞 料理 etc.
自己紹介:
1986年仙台生まれのエセ関東人。7歳時家の都合で中国内モンゴルへ。1年半の滞在でモンゴルにすっかり目覚める。以後単独で2度ほど留学。総滞在期間は約5年。5年も中国に居たくせに、中国語は日常会話程度しか覚えられず。モンゴル語だけ堪能に。初対面のモンゴル人に外国人だとバレたことがないのが自慢。現在は内モンゴルのフフホト市に潜伏中。フフホトでの生活も合計10年目に突入。

競馬歴:1996年頃から
1番好きな馬:スペシャルウィーク
1番好きなレース:97年天皇賞(春)
POG馬 2016-2017
0-0-0-0 0P
マイティドリーム
0-0-0-0 0P
ヴィニー
0-0-0-0 0P
クリアザトラック
0-0-0-0 0P
ディヴァインハイツ
0-0-0-0 0P
ランガディア
0-0-0-0 0P
ジッパーレーン
0-0-0-0 0P
モンドキャンノ
0-0-0-0 0P
ザクイーン
0-0-0-0 0P
ドゥハ
0-0-0-0 0P
タンタグローリア
0-0-0-0 0P
フルオブライフ
0-0-0-0 0P
ミセスリンゼイの2014
0-0-0-0 0P
ビップソルダー
0-0-0-0 0P
エアラグーンの2014
0-0-0-0 0P
アンソロポロジー
0-0-0-0 0P
ブログ内検索
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
カウンター
アクセス解析
人生万事塞翁が馬 フフホト出張所 Produced by チョルモン
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]